白鳥の王子 ヤマトタケル 西戦の巻(下)

白鳥の王子 ヤマトタケル 西戦の巻(下) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2004年02月13日
商品形態:
電子書籍

白鳥の王子 ヤマトタケル 西戦の巻(下)

  • 区分表記なし 黒岩 重吾
発売日:
2004年02月13日
商品形態:
電子書籍

狗奴国への道中、壮絶な戦いで失われる命とヤマトタケルの激情……。英雄ヤマトタケルの生涯を描く古代史小説の新境地

強大な賊・鼻垂との激戦に勝利した倭男具那は、束の間の休息ののち、宇沙国を後にし、狗奴国を目指して軍を進める。熊襲の勢力下に踏み入った男具那たちに次々に襲いかかる賊、壮絶な戦の中で、男具那にとって大切な命も失われていく。そして、ついに熊襲の首長、川上タケルの主力軍と対峙した時、男具那は、自らその最大の敵を討つべく、激情を込めて剣を抜きはなつ――。ヤマトタケルの生涯を描く古代史小説の新境地、壮大な歴史ロマン!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「白鳥の王子 ヤマトタケル 西戦の巻(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 西戦においては、まず宇沙で鼻垂を倒す。そしていよいよ狗奴国をめざし熊襲の地へ。大和と違い、土地勘がないので古代の九州周辺図が手助けとなった。宇沙の羽女は史実ではどうなのか?ここは興醒め(妙な艶めかしさ 西戦においては、まず宇沙で鼻垂を倒す。そしていよいよ狗奴国をめざし熊襲の地へ。大和と違い、土地勘がないので古代の九州周辺図が手助けとなった。宇沙の羽女は史実ではどうなのか?ここは興醒め(妙な艶めかしさは戦史物ではいつも苦手) ともかくその助けもあり、敵の首長川上健(カワカミノタケル)を撃つ。そこからタケルの名をゆずられ、倭建(ヤマトタケル)となった。父オシロワケ王の王子の中で、異母兄弟を含め、最も武勇に優れる倭建は常に命を狙われている。この頃の大和の豪族~葛城氏、大伴氏、物部氏等。 …続きを読む
    ケイ
    2020年11月03日
    93人がナイス!しています
  • この巻は宇佐で鼻垂を倒した後から、狗奴国のラストボス川上タケルを倒すまで。冒険物語で他作品の著者の小説に比べて読み易い。戦話あり、恋話あり~♪とってもライトな物語でサクッと読めちゃう。ラストボスから降 この巻は宇佐で鼻垂を倒した後から、狗奴国のラストボス川上タケルを倒すまで。冒険物語で他作品の著者の小説に比べて読み易い。戦話あり、恋話あり~♪とってもライトな物語でサクッと読めちゃう。ラストボスから降伏のしるしに名前を貰ってヤマトのタケルに改名したところでこの物語は終わる。次回は東征ね。こちらも楽しみ☆彡 …続きを読む
    レアル
    2019年05月10日
    53人がナイス!しています
  • 豊国宇沙での激戦の末、これを征した男具那はいよいよ熊襲川上タケルの討伐に向かう。記紀での兄弟タケルや女装して宴席に紛れ込む件は変えられていますが、軍を率いる身でありながら自ら戦闘に乗り込んでいく勇猛さ 豊国宇沙での激戦の末、これを征した男具那はいよいよ熊襲川上タケルの討伐に向かう。記紀での兄弟タケルや女装して宴席に紛れ込む件は変えられていますが、軍を率いる身でありながら自ら戦闘に乗り込んでいく勇猛さは元ネタとかけ離れたものではないでしょう。宇沙で共に戦い情を通わせた羽女が、巫女王の位を捨て男装し、兵士として追ってきたものの男具那の影武者として死んでしまうのも物語に色を添えます。川上タケルとの直接対決は思ったより呆気なかったですが、名を贈られ初めて倭健となった男具那の苦難はこの後まだまだ続くらしい。 …続きを読む
    hrmt
    2019年03月26日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品