旅の短篇集 秋冬 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2001年12月14日
商品形態:
電子書籍

旅の短篇集 秋冬

  • 区分表記なし 原田 宗典
発売日:
2001年12月14日
商品形態:
電子書籍

北欧から南米へ、夢から現実へ、世界のあらゆる土地を舞台に架空の旅を綴る掌編小説集

バルセロナから帰国する日、空港へ向かう途中の床屋で、髭をあたって貰うことにした。髭を剃り終えて床屋を出ると、外は激しい夕立。すると、床屋の主人が無言のまま女物の傘を差し出す。傘を借りても返しに来られないと断るが……。(「雨の止む傘」より)北欧から南米へ、夢から現実へ、世界のあらゆる土地を舞台に架空の旅を綴った、原田流紀行文。『旅の短篇集 春夏』に続く幻想的なショート・ストーリー集、第2弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「旅の短篇集 秋冬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 世界各地の都市や町を訪れる架空の旅物語で、春夏編に続く第2弾。今回欲しいと思った品々は、「旅人の木の実(マダガスカル)」「サンタクロースの箱(ブタペスト)」「ラッキースター(リスボン)」など。エピロー 世界各地の都市や町を訪れる架空の旅物語で、春夏編に続く第2弾。今回欲しいと思った品々は、「旅人の木の実(マダガスカル)」「サンタクロースの箱(ブタペスト)」「ラッキースター(リスボン)」など。エピローグの一節が心に残りました。「一冊の本を読み終えることは、一つの旅の終わりを意味しています。同時に、新たな旅の始まりをも意味しています。できるだけ遠く、遥かな場所へ。そしてその旅先で、貴方にしか体験できない不思議を味わってきて下さい。」本を開ければどんな場所にも行ける。旅のお供におすすめの本です。 …続きを読む
    せきちゃん
    2016年09月21日
    11人がナイス!しています
  • 旅先で出会う人や物は何かしら特別に見える。多分、自分自身もいつもの自分ではない。特別な気持ちでいられる旅はそれだけでもう特別な何かがあると思う。。ぶらっと一人で出掛けたくなるような本。願わくば不思議な 旅先で出会う人や物は何かしら特別に見える。多分、自分自身もいつもの自分ではない。特別な気持ちでいられる旅はそれだけでもう特別な何かがあると思う。。ぶらっと一人で出掛けたくなるような本。願わくば不思議な体験も。 …続きを読む
    里理
    2012年07月03日
    7人がナイス!しています
  • たまに少しずつ読んでいてベッドサイドにずっと置いてあったな。 たまに少しずつ読んでいてベッドサイドにずっと置いてあったな。
    あさみ
    2016年08月21日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品