自選恐怖小説集 屑籠一杯の剃刀 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2002年08月09日
商品形態:
電子書籍

自選恐怖小説集 屑籠一杯の剃刀

  • 区分表記なし 原田 宗典
発売日:
2002年08月09日
商品形態:
電子書籍

脳髄の片隅に封印された記憶がふとしたはずみに甦る違和感。恐怖と奇妙の狭間を描く傑作集

……「恐怖」に至る一歩手前で感じられる「奇妙」という感覚を描いてみたかった。日常と非日常、あるいは現実と非現実との境界線上に、きわどく存在する奇妙な世界。それを物語ることはぼくにとって、習作の頃から現在に至るまで、常に好奇心を刺激する試みであり続けている。(あとがきより)脳髄の片隅に封印された記憶がふとしたはずみに甦る違和感を描いた「みずひこのこと」をはじめ、掌編小説の名手がデビュー前夜に綴った幻の恐怖譚2編を含む6編を収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「自選恐怖小説集 屑籠一杯の剃刀」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ウンチョス危険度等の爆笑エッセイで有名な原田先生のホラー短編集。二度ほど読んだのだが、物凄く痛そうなウニボール以外記憶になく、再々読したが、やはりウニボール以外印象に残らなかった。 ウンチョス危険度等の爆笑エッセイで有名な原田先生のホラー短編集。二度ほど読んだのだが、物凄く痛そうなウニボール以外記憶になく、再々読したが、やはりウニボール以外印象に残らなかった。
    グレ
    2016年07月05日
    32人がナイス!しています
  • ★★★ホラーと書いていますが、妖怪やら貞子やらそういったものは出てきません。著者が述べるように恐怖に至る前の奇妙という感覚を描いた短編作品集になっています。帰ってきたら閉めたはずの扉の鍵が開いている、 ★★★ホラーと書いていますが、妖怪やら貞子やらそういったものは出てきません。著者が述べるように恐怖に至る前の奇妙という感覚を描いた短編作品集になっています。帰ってきたら閉めたはずの扉の鍵が開いている、、、そんな感じです。西洋風林檎ワイン煮は「優しくって少しばか」のバージョンの方が好きだが、本作に収録されいるバージョンもまた違ったアジがありよかった。収録作品:ミズヒコのこと、削除、ポール・ニザンを残して、空白を埋めよ、いやな音、屑籠一杯の剃刀 …続きを読む
    ATS
    2016年09月26日
    18人がナイス!しています
  • このところ乙一氏ばかり読んでいたのでそろそろ何か無いかと久々に古書店を物色していたところ、妙にタイトルとカバーが引っかかる本を見つけたので購入。というワケで、原田宗典氏の短編集「屑籠一杯の剃刀」を読了 このところ乙一氏ばかり読んでいたのでそろそろ何か無いかと久々に古書店を物色していたところ、妙にタイトルとカバーが引っかかる本を見つけたので購入。というワケで、原田宗典氏の短編集「屑籠一杯の剃刀」を読了。家に帰って読み始めてみてピンと来た。……あぁこの本、新刊で出た時に買って読んだわ(笑) 収録順に。ふとした切っ掛けで小学生の頃の友人の事を思い出す「ミズヒコのこと」。高いところの下が怖くなる、というよりはウニや栗のイガが怖くなる(笑)  …続きを読む
    みんち
    2017年01月22日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品