スワロウテイル 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2001年06月08日
商品形態:
電子書籍

関連作品有り

スワロウテイル

  • 区分表記なし 岩井 俊二
発売日:
2001年06月08日
商品形態:
電子書籍

移民たちが円(¥)を掘りに来るイェンタウン。映画『スワロウテイル』の監督自身による原作小説

円を掘りに来る街。それがイェンタウンだ。日本人はこの呼び名を嫌い、自分たちの街をそう呼ぶ移民たちを逆にイェンタウンと呼んだ。ヒョウとリンとフニクラは墓荒らしで小金を稼ぎ、グリコは売春で生計を立て、身寄りのないアゲハを引き取った。ある日、客のひとりがアゲハを襲い、隣人のアーロウが客を殺してしまう。すると腹の中からテープが飛び出し、代議士のウラ帳簿が見つかる。飽和状態のイェンタウンで、欲望と希望が渦巻いていった。

メディアミックス情報

NEWS

「スワロウテイル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 岩井俊二初読み。この映画が大好きだった。 イェンタウン。私が夢中になった街。その街で暮らす個性豊かな人達。映画と小説で内容が違う理由を岩井氏自らあとがきで述べているが、映像には映像の良さが、小説には小 岩井俊二初読み。この映画が大好きだった。 イェンタウン。私が夢中になった街。その街で暮らす個性豊かな人達。映画と小説で内容が違う理由を岩井氏自らあとがきで述べているが、映像には映像の良さが、小説には小説の良さがある。企画書代わりに書かれたという“メモ”でこれほど完成度が高いとは驚きだ。YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」「My Way」をBGMに、懐かしさに胸踊る至福の読書だった。そして、久しぶりに映画が観たくなった。 …続きを読む
    *maru*
    2017年10月08日
    33人がナイス!しています
  • 1999年3月31日読了。96年公開の映画の主なキャストは、三上博史(当時34歳)CHARA(当時28歳)伊藤歩(当時16歳…若!)。あらすじはもちろん、忘却の彼方。 1999年3月31日読了。96年公開の映画の主なキャストは、三上博史(当時34歳)CHARA(当時28歳)伊藤歩(当時16歳…若!)。あらすじはもちろん、忘却の彼方。
    背番号10@期間限定 せばてぃ〜ぬ(← 命名 はんちゃん)
    1999年03月31日
    29人がナイス!しています
  • 様々な事情を抱えながら円を求めて世界中から集まった移民が入り乱れる、架空都市円都(イェンタウン)。国籍も両親の行方も自分の名前さえわからない12歳の少女は、その街で娼婦グリコに拾われ円都の裏社会へと巻 様々な事情を抱えながら円を求めて世界中から集まった移民が入り乱れる、架空都市円都(イェンタウン)。国籍も両親の行方も自分の名前さえわからない12歳の少女は、その街で娼婦グリコに拾われ円都の裏社会へと巻き込まれていく。麻薬、密売、売春、窃盗、殺人。胸に蝶のタトゥーを入れたときに立てた誓いの通り、どんなときでも真っ直ぐであろうとする彼女の姿勢が素敵。序盤は口数が少なくて個性は決して強い方ではないのだけれど、中盤から後半にかけてからはリンの存在感と魅力がすごい。おいしい役所。 …続きを読む
    ゆめ
    2014年02月23日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品