保険金殺人 死体の声を聞け

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043400072

保険金殺人 死体の声を聞け

  • 著者 上野 正彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043400072

完全犯罪など不可能だ!

後を絶たない恐ろしい犯罪、保険金殺人。放火、転落、自動車事故など、その偽装を元監察医の著者が次々に見破っていく! 保険金殺人をテーマにした『黒い家』の著者、貴志祐介氏との対談も収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「保険金殺人 死体の声を聞け」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 保険金殺人に関する監察医の所見を紹介している。保険金殺人は、味をしめやすいので最初の事件で逮捕されないと、二番目、三番目の被害者が生じてしまう。それを防ぐためには、監察医制度の充実もさることながら、保 保険金殺人に関する監察医の所見を紹介している。保険金殺人は、味をしめやすいので最初の事件で逮捕されないと、二番目、三番目の被害者が生じてしまう。それを防ぐためには、監察医制度の充実もさることながら、保険契約の際にもう少し保険会社が注意を払うべきではないかと思った。 …続きを読む
    たな
    2015年12月30日
    2人がナイス!しています
  • 保険金殺人という言葉には人の身勝手さが凝縮されているなと感じる内容でした。 保険金殺人という言葉には人の身勝手さが凝縮されているなと感じる内容でした。
    ぼうさん
    2015年11月09日
    2人がナイス!しています
  • 一度味をしめると保険金殺人はエスカレートしていく。「商売」になっちゃう。そして悪銭身に付かずというか、巨額な保険金はあっさり使い果たしてしまっている。怖い話です。 一度味をしめると保険金殺人はエスカレートしていく。「商売」になっちゃう。そして悪銭身に付かずというか、巨額な保険金はあっさり使い果たしてしまっている。怖い話です。
    Gen Kato
    2016年07月28日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品