一日だけの狼

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041612255

一日だけの狼

  • 著者 北方 謙三
  • デザイン 泉沢 光雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041612255

北方・ハードボイルドの原点。カメラマン・望月の一瞬に賭ける男の生き様。

北方謙三・初めてのキャラクター・シリーズ・ハードボイルド小説。望月は36歳、一匹狼のカメラマンだった。芸術家でもなく職人でもなかった。被写体を追い込んでも、彼が撮りたいものは…!?!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一日だけの狼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北方さんを読まれる若い方はもうおられないのかなぁ。確かに今の若者には縁の無い学生運動。大人しくヘイヘイと聞いてりゃ親やオギママさんが上手に回してくれている現状。殴ったり蹴ったり・・北方さんの小説の中は 北方さんを読まれる若い方はもうおられないのかなぁ。確かに今の若者には縁の無い学生運動。大人しくヘイヘイと聞いてりゃ親やオギママさんが上手に回してくれている現状。殴ったり蹴ったり・・北方さんの小説の中は暴力的だが陰険さがない。負けやしないが酒と煙草で終ってしまう場面が多い。カメラマンの望月のように斜に構えた男はもういない。次は北方さんを兄ぃと位置付ける今野さんを間に挟もう。 …続きを読む
    はつばあば
    2018年05月07日
    53人がナイス!しています
  •  北方作品(たぶん)初です。  友人の勧めで読んだスペンサーシリーズや有名な新宿鮫シリーズなどハードボイルド作品は読んだことがありますが、これぞジャパニーズハードボイルドなのでしょう。主人公を筆頭にし  北方作品(たぶん)初です。  友人の勧めで読んだスペンサーシリーズや有名な新宿鮫シリーズなどハードボイルド作品は読んだことがありますが、これぞジャパニーズハードボイルドなのでしょう。主人公を筆頭にしたスパっと切り落としたような「口調」に含まれた「性質」が自分の中にないことを再確認。短編であるためかストーリー性よりそういった側面を強く感じられました。  いわゆるハードボイルドの世界をのぞき見たい方にはオススメしてよいのではと思います。 …続きを読む
    hede-mic
    2016年03月21日
    0人がナイス!しています
  • 良くも悪くも北方節だ。 良くも悪くも北方節だ。
    ギントン
    2014年03月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品