試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041753651

太平記(一)

  • 著者 森村 誠一
  • デザイン 川上 成夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041753651

躍動する未曾有の動乱の時代を描いた、歴史大河小説の傑作、刊行!!

鎌倉幕府討幕の志が捨て去れぬ後醍醐天皇は、夢のお告げに現われた天皇親政の先駆けとなる武士・楠木正成に使いを送るが――。戦乱の世を激しく生きた英雄たちを、情熱的筆致で描いた著者渾身の歴史大河小説。

メディアミックス情報

NEWS

「太平記(一)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 森村さんの本は初な気がする。まだまだ冒頭なので何とも言えませんが、それぞれ性格が出るよなぁって気がします。高氏の食えなさかげんとか、正成さんの人は見かけによらないぞっつー感じとか、新田義貞のバカ正直っ 森村さんの本は初な気がする。まだまだ冒頭なので何とも言えませんが、それぞれ性格が出るよなぁって気がします。高氏の食えなさかげんとか、正成さんの人は見かけによらないぞっつー感じとか、新田義貞のバカ正直っぷりとか、後醍醐天皇のちょっとズレてるところとか。ところでこの話で一番タチが悪いのは菊夜叉じゃないかという気がしております。まぁビミョーに策に溺れて身を滅ぼすんじゃないかという気もするのですが。そもそも女を過小評価してるからそういうことになるのだよ…と思わなくもない。 …続きを読む
    ふぃすか
    2005年01月26日
    14人がナイス!しています
  • 「これより世の中が変わるぞ。どのように変わっていくかわしにもわからぬ。だが変わることだけは確かじゃ。その変化の外に楠木家は立つことはできぬ」(楠木正成)……歴史で面白いのはやはり時代の変わり目。今回は 「これより世の中が変わるぞ。どのように変わっていくかわしにもわからぬ。だが変わることだけは確かじゃ。その変化の外に楠木家は立つことはできぬ」(楠木正成)……歴史で面白いのはやはり時代の変わり目。今回は鎌倉時代から建武の新政を経て室町時代に至る大河ドラマに挑む。太平記は南朝寄りのため、ある種のバイアスはやむを得ない。北条家や足利家の都合はこちらで考量しながら読み進めよう。と思ってたら、楠木正成が付近の荘園に略奪を仕掛けていた資料にも触れていた。やるな、森村誠一。おまけにこの表紙デザインがやけに好きだ。 …続きを読む
    うたまる
    2014年05月18日
    2人がナイス!しています
  • 再読。みごとに忘れていた。北方太平記「楠木正成」と併読。こちらの方がよくわかる。後醍醐天皇と鎌倉幕府の対立から話が始まる。★★ 再読。みごとに忘れていた。北方太平記「楠木正成」と併読。こちらの方がよくわかる。後醍醐天皇と鎌倉幕府の対立から話が始まる。★★
    ちゃま坊
    2015年06月05日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品