角川ホラー文庫

スイッチ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784041789766
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

スイッチ

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン AD Second:Inc
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784041789766

寝ている間に、わたしが変換(スイッチ)してしまう――

最初は寝言のような呟き。やがて大声の独りしゃべりとなり、しまいには目を開けてうらみの言葉をまくし立てる。だが、その記憶がない。その寝姿を恋人に指摘され、作り話だと笑い飛ばしたけれど、3年前の恐怖が甦る

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「スイッチ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ラストの大どんでん返し」という言葉に期待して読んだけど内容はいまいち。あと、祟った理由が弱いと思う。 「ラストの大どんでん返し」という言葉に期待して読んだけど内容はいまいち。あと、祟った理由が弱いと思う。
    じゅんぢ
    2019年03月08日
    32人がナイス!しています
  • うーん・・・まあ悪くない、悪くないんやけど・・・ページ数あるのに薄いです。内容が。ナミエさんが矢沢先生とマリさんを恨む理由が。言葉の暴力が人を傷つける。そりゃ分かります。ただ、あんなしょうもない言葉で うーん・・・まあ悪くない、悪くないんやけど・・・ページ数あるのに薄いです。内容が。ナミエさんが矢沢先生とマリさんを恨む理由が。言葉の暴力が人を傷つける。そりゃ分かります。ただ、あんなしょうもない言葉で傷ついて生霊となり、挙句自殺し、マリさんに乗り移るなんて、情けなすぎるし共感も全くできません。書いてて恥ずかしくないのか。巻末に自慢げに著書一覧155冊載っていますが、読むことはないでしょう。 …続きを読む
    ゐづる
    2014年07月11日
    25人がナイス!しています
  • 一人の女性の自殺から始まるホラーでした。どういうオチになるのか読めなかったので面白かったです。一番怖いのは人の心ってことでしょうか。 一人の女性の自殺から始まるホラーでした。どういうオチになるのか読めなかったので面白かったです。一番怖いのは人の心ってことでしょうか。
    そのぼん
    2012年03月09日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品