Forsyth Collection II 囮たちの掟

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042537236

Forsyth Collection II 囮たちの掟

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 訳者 篠原 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042537236

圧倒的な筆力と、驚異の結末。物語の醍醐味が十二分に凝縮された、作品集。

タイ・バンコク発ロンドン行きの飛行機中と、ヒースロー空港の税関を舞台に密かに繰り広げられる麻薬取引を巡る攻防を描く表題作ほか、著者初挑戦のラブストーリー「時をこえる風」を収録。傑作短編集第2弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Forsyth Collection II 囮たちの掟」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表題作は、私の読解力のなさのせいなのだろうか、最後なんであっさり犯人が捕まってしまうのかよくわからなかった。 もう1作の、「時をこえる風」は実にすばらしい! ええっ、本当にフォーサイス?って思うほど、 表題作は、私の読解力のなさのせいなのだろうか、最後なんであっさり犯人が捕まってしまうのかよくわからなかった。 もう1作の、「時をこえる風」は実にすばらしい! ええっ、本当にフォーサイス?って思うほど、意外な展開と、幻想的でロマンあふれる作品。 西部開拓時代、虐殺されたカスター将軍の騎兵隊で唯一生き残った主人公と、「ささやく風」というインディアンの娘との恋物語だが、彼女と別れた主人公は一気に1970年代に時をこえ、「ささやく風」の子孫と出会う。 結末は素敵。 フォーサイスの才能に改めて拍手。 ★★★★ …続きを読む
    きょちょ
    2017年11月14日
    27人がナイス!しています
  • 図書館本。フォーサイスはもうとっくに引退してると思ってたのだけど、試しに「フォーサイス」で検索したら見たことのないタイトルの本がずらずら出てきた。フォーサイスは作品を出すごとに「これで引退」って言うけ 図書館本。フォーサイスはもうとっくに引退してると思ってたのだけど、試しに「フォーサイス」で検索したら見たことのないタイトルの本がずらずら出てきた。フォーサイスは作品を出すごとに「これで引退」って言うけどさっぱり引退しない。まあ嬉しいんだけどね。で、早速借りてきた。短編と中編の2本立てで、うち短編ははっきり言ってつまらなかった。中編はアメリカ先住民の娘と白人とのラブ・ストーリーというフォーサイスにしては珍しい作品。しかも西部劇。それも壮大な物語。大河でした。さすがストーリー・テラーだ。 …続きを読む
    AICHAN
    2016年06月12日
    27人がナイス!しています
  • 感想:★★★★★  「囮たちの掟」と「時をこえる風」の2篇収録。  「囮たちの掟」はほんの短い短編ですが、意外なところに落ち着いたのがいい感じです。  「時をこえる風」はインディアンvs騎兵隊時代の話 感想:★★★★★  「囮たちの掟」と「時をこえる風」の2篇収録。  「囮たちの掟」はほんの短い短編ですが、意外なところに落ち着いたのがいい感じです。  「時をこえる風」はインディアンvs騎兵隊時代の話なんですが、途中で!?となって読み返してしまいました。  それほどまでに今までに読んだフォーサイス大先生の作品とは一線を画していて、それまでのストーリーの流れからはあまりに突飛な展開と意外性がとても印象的な作品でした。  個人的には「囮たちの掟」よりも「時をこえる風」のほうがインパクトも大きくて好みかな。 …続きを読む
    Richard Thornburg
    2015年03月13日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品