アフガンの男 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042537274

アフガンの男 下

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042537274

円熟のフォーサイスが放つ、軍事スリラーの金字塔!

アメリカで逮捕中のタリバン戦士になりすまし、無事アルカイダに潜入を果たしたマイク。だが、テロの標的は船だとメッセージを残した彼の行方を諜報部は見失ってしまう。そして、その日は刻一刻と近づいていた……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アフガンの男 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻の前半は投げ出す直前まで行くほど凡庸。後半はまあまあだが結末も呆気ない。いい素材と大きな構想であるが、上手くこなし切れていない。まあイスラムの過激派を知る機会にはなったが。 下巻の前半は投げ出す直前まで行くほど凡庸。後半はまあまあだが結末も呆気ない。いい素材と大きな構想であるが、上手くこなし切れていない。まあイスラムの過激派を知る機会にはなったが。
    James Hayashi
    2017年08月22日
    25人がナイス!しています
  • 図書館本。中だるみがあった。アフガン人になりすましてアフガンに潜入してから、アフガンを出てあっちに行ってこっちに行ってついには海へという具合で…。アルカイダの思惑に従ってのことだが、読み手にとってはテ 図書館本。中だるみがあった。アフガン人になりすましてアフガンに潜入してから、アフガンを出てあっちに行ってこっちに行ってついには海へという具合で…。アルカイダの思惑に従ってのことだが、読み手にとってはテンポが落ちるのでイライラした。でもまあ、9.11以降の、CIAやFBIやMI5やSISの動きをいろいろと想像できる話がたくさんあって、いい勉強になった。諜報機関というと悪いイメージが日本人にはあるが、戦争防止のために使うなら日本も本格的なものを設置すべきだと思う。ただし、あくまで戦争防止のための機関として。 …続きを読む
    AICHAN
    2016年07月10日
    25人がナイス!しています
  • アルカイダが「9・11」以上のテロを画策していることに気づき、アメリカとイギリスは退役軍人をスパイとして送り込む。 主人公の退役軍人はイギリス人だが、アラブの血が若干混じっており、「アフガンの男」にな アルカイダが「9・11」以上のテロを画策していることに気づき、アメリカとイギリスは退役軍人をスパイとして送り込む。 主人公の退役軍人はイギリス人だが、アラブの血が若干混じっており、「アフガンの男」になりすます。 どのようなテロを画策しているのか? 筋としては面白いはずなのだが、フォーサイス作品としては期待外れ。 解説では、「登場人物の人間臭さがいつにも増して濃い」と言っているが、私は逆に「いつもと違って薄い」と感じてしまった。 ★★★ …続きを読む
    きょちょ
    2018年02月18日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品