第18回 横溝正史ミステリ大賞

角川文庫

直線の死角

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043712014
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第18回 横溝正史ミステリ大賞

角川文庫

直線の死角

  • 著者 山田 宗樹
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043712014

注目の作家・山田宗樹の第18回・横溝正史賞受賞作、待望の刊行!!

やり手弁護士・小早川に、交通事故で夫を亡くした女性から、保険金示談の依頼が来る。事故現場を見た小早川は、加害者の言い分と違う証拠を発見した。第18回横溝正史賞大賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「直線の死角」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 弁護士が主人公で、持ち込まれた依頼の意外性が良かった。またエイズに関していまだに差別ってあるのかな? 弁護士が主人公で、持ち込まれた依頼の意外性が良かった。またエイズに関していまだに差別ってあるのかな?
    坂城 弥生
    2019年01月31日
    25人がナイス!しています
  • ’98年度横溝正史賞受賞作。20年前とは思えないちっとも色あせない面白さ。さすが山田さんです。企業ヤクザの顧問弁護士、小早川と両腕とも言うべき坂本君とひろこの三人が実に魅力的。終盤の小早川が感じた怒り ’98年度横溝正史賞受賞作。20年前とは思えないちっとも色あせない面白さ。さすが山田さんです。企業ヤクザの顧問弁護士、小早川と両腕とも言うべき坂本君とひろこの三人が実に魅力的。終盤の小早川が感じた怒りや、切なさ、最後の決意がことごとく共感させられた。やるせなさもあるけど、なぜだか爽快な読後感が残ってます。 …続きを読む
    きぬとら
    2018年10月10日
    14人がナイス!しています
  • 山田宗樹さんのデビュー作で、横溝正史賞受賞作。時代を感じさせる面もありますが、題名の通りどストレート(直線)なミステリー。あまりのストレートっぷりに結末まで分かってしまいそうになりますが、そこには死角 山田宗樹さんのデビュー作で、横溝正史賞受賞作。時代を感じさせる面もありますが、題名の通りどストレート(直線)なミステリー。あまりのストレートっぷりに結末まで分かってしまいそうになりますが、そこには死角が。相変わらず山田さんの本は読み易いのですが、途中読むのが辛くなるシーンがあるのも相変わらず(苦笑) …続きを読む
    きあら
    2018年10月09日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

山田 宗樹(やまだ・ むねき)

1965年愛知県生まれ。
筑波大学大学院修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事。
その後『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。
2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ヒット作となる。
2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテッド』など。

最近チェックした商品