11分間

むかし、あるところに、マリーアという名の売春婦がいた……

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048972123

11分間

むかし、あるところに、マリーアという名の売春婦がいた……

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳者 旦 敬介
  • デザイン BUFFALO.GYM
  • イラスト 平尾 香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048972123

むかし、あるところに、マリーアという名の売春婦がいた……

「セックスなんて11分間の問題だ。脱いだり着たり意味のない会話を除いた"正味"は11分間。世界はたった11分間しかかからない、そんな何かを中心にまわっている――。」 パウロ・コエーリョが愛を描く問題作

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「11分間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「むかし、あるところに、マリーアという名の売春婦がいた。」 という文章から始まる海外小説。 ブラジルの田舎町で育ったマリーアは20歳の時、ふとしたきっかけでスイスへ行くことになり、いつの間にか売春婦に 「むかし、あるところに、マリーアという名の売春婦がいた。」 という文章から始まる海外小説。 ブラジルの田舎町で育ったマリーアは20歳の時、ふとしたきっかけでスイスへ行くことになり、いつの間にか売春婦に……。タイトルの11分間は読めば分かる。 主人公の職業ゆえ、性的な描写が多いと思いがちだが、そうでもなく、精神的な性の世界観というか、性について探究する真面目な小説だった。※感想の中に不適切な表現がありますが、小説の中の言葉の引用です。悪気はありません。 …続きを読む
    ナチュラ
    2019年01月27日
    26人がナイス!しています
  • セックスのお話。人が心を主体にして繋がることは、難しいのだろうか。やっぱり大事なのかな?セックスって。。今までの経験から、セックスありきでない関係で男の人と付き合うことはできないものかと想い続けている セックスのお話。人が心を主体にして繋がることは、難しいのだろうか。やっぱり大事なのかな?セックスって。。今までの経験から、セックスありきでない関係で男の人と付き合うことはできないものかと想い続けているんだけど、この本を読むと、やっぱ無理っぽいと思ってしまう。。コミュニケーションツールとしてではなく、結局は至上のものという観点なので。個人的にはコレジャナイ感強めでなので、とても読むのに時間がかかりました。 …続きを読む
    りさ
    2017年01月03日
    19人がナイス!しています
  • 一貫してセックスの話。「むかしあるところにマリーアという娼婦がいました。」で始まる必要があるのか、わからない。真面目な話であり、おとぎ話より深刻であるように思えた。 一貫してセックスの話。「むかしあるところにマリーアという娼婦がいました。」で始まる必要があるのか、わからない。真面目な話であり、おとぎ話より深刻であるように思えた。
    吟遊
    2016年10月10日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品