河童 芥川龍之介

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年04月07日
判型:
菊判
商品形態:
単行本
ページ数:
96
ISBN:
9784048734646

河童 芥川龍之介

  • 著者 原田 宗典
  • 絵 荒井 良二
  • イラスト 荒井 良二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年04月07日
判型:
菊判
商品形態:
単行本
ページ数:
96
ISBN:
9784048734646

絵で読む世界の文学シリ-ズ 真実を見たある精神病患者の告白

文学への興味を30分で高める、現代作家がリトールドした傑作

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「河童 芥川龍之介」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 興奮するほどどうのってわけではないのだが、この話はきっとずっと私の中に残り、日常生活の何かの拍子にふっと何度も思い出すのだろう。時代を経てなお生き残る作品というのは、そういった存在なのだと思った。重み 興奮するほどどうのってわけではないのだが、この話はきっとずっと私の中に残り、日常生活の何かの拍子にふっと何度も思い出すのだろう。時代を経てなお生き残る作品というのは、そういった存在なのだと思った。重みが違う。原作も読んでみたい。 …続きを読む
    2014年08月07日
    4人がナイス!しています
  • 東方厨だし 東方厨だし
    長岡崇
    2014年06月06日
    1人がナイス!しています
  • 「河童」を初めて読んだとき受けたイメージは「へんてこりん」。河童の国に連れ去られてるのだから、まぁ「普通」の感覚ではないだろうけれど。その時にうまく言えなかったイメージを、荒井さんがここでぴったんこに 「河童」を初めて読んだとき受けたイメージは「へんてこりん」。河童の国に連れ去られてるのだから、まぁ「普通」の感覚ではないだろうけれど。その時にうまく言えなかったイメージを、荒井さんがここでぴったんこに表現してくれてました。荒井さんの絵はポップでキュートなところがお気に入りですが、ここではいつもとちょっと違って、よりアートに描かれています。荒井さんの絵が「河童」の作品イメージをとらえやすくし、原田さんが読みやすく戯作してくれてます。この作品が好きな人はもちろん、芥川作品に挑戦してみたい10代にもおすすめ。 …続きを読む
    ゆう
    2012年02月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品