ためらいの倫理学 戦争・性・物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043707010

ためらいの倫理学 戦争・性・物語

  • 著者 内田 樹
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043707010

ためらい逡巡する思考の深みへ

ためらい逡巡することに意味がある。戦後責任、愛国心、有事法制をどう考えるか。フェミニズムや男らしさの呪縛をどう克服するか。原理主義や二元論と決別する「正しい」おじさん道を提案する知的エッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ためらいの倫理学 戦争・性・物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 内田樹氏のデビュー作。単行本での出版は2001年。氏がここで取り上げている諸問題は、問題それ自体は何ら特異なものではない。物事の捉え方、解析の仕方に氏の固有性が発揮される。例えば、「自虐史観」と「戦後 内田樹氏のデビュー作。単行本での出版は2001年。氏がここで取り上げている諸問題は、問題それ自体は何ら特異なものではない。物事の捉え方、解析の仕方に氏の固有性が発揮される。例えば、「自虐史観」と「戦後責任」を論じるにあたって、氏はフロイトを引き合いに出し、「事実」そのものではなくても、「事実として生きられたこと」に着眼するのである。たしかに事実そのものの究明は必要だが、それと同時に(たとえ幻想であろうとも)生きられた過去が存在する、そうした見方は私には頗る新鮮であった。「有事」についてもまたしかり。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年09月24日
    374人がナイス!しています
  • 最大の敵であるからではなく、一番近しい隣人という考えで本書では、フェミニストとポストモダニストを批判の標的にしている。著者本人も言うように「専門家」と「素人」の中間の文章が人気の理由であり面白い。 最大の敵であるからではなく、一番近しい隣人という考えで本書では、フェミニストとポストモダニストを批判の標的にしている。著者本人も言うように「専門家」と「素人」の中間の文章が人気の理由であり面白い。
    マエダ
    2018年12月24日
    66人がナイス!しています
  • 中々過激で面白かった。あとがきを見たら内田さんは非「極端」のひとで他の一般的な評論家の方が極端なんだと、高橋源一郎が書いていた。目からうろこが落ちるとはこのことだと思った。ジェンダーのところが特に面白 中々過激で面白かった。あとがきを見たら内田さんは非「極端」のひとで他の一般的な評論家の方が極端なんだと、高橋源一郎が書いていた。目からうろこが落ちるとはこのことだと思った。ジェンダーのところが特に面白かった。分かりにくい文章についての考察も「なるほど」と思った。バカなのは私ではなく・・・と希望を持って、結構笑えた。お薦めです。 …続きを読む
    万葉語り
    2014年10月25日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品