風の耳たぶ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043520336

風の耳たぶ

  • 著者 灰谷 健次郎
  • イラスト 坪谷 令子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043520336

ハルちゃんは、わしに惚れておったか・・・?

海岸沿いのバス停に降り立ったのは、老夫婦だった。日本画の大家・藤三と長年連れそう妻ハルは死に行く旅に出た。灰谷健次郎が描ききった明るくさわやかな「老いの文学」の最先端。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「風の耳たぶ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 灰谷作品初読み80代の夫と70代の妻。会話は繰り言ではなく、しりとりのようにどんどん先に繋がっていく。友との再会は、その人達の人生が走馬灯のように流れ、そして現代とも交錯する。昔も今も生まれた時は誰し 灰谷作品初読み80代の夫と70代の妻。会話は繰り言ではなく、しりとりのようにどんどん先に繋がっていく。友との再会は、その人達の人生が走馬灯のように流れ、そして現代とも交錯する。昔も今も生まれた時は誰しも無垢の心を持っていたはず。何が昔と違ってしまったのか…。時代のせいにするか人のせいにするか。最近は、秘密が秘密でなくなったような気がする。誰かの秘密を内緒にできない大人が増えている。そんな中で信頼し合う関係が作れるのだろうか。この作品に出てくる藤三やハナのように年老いて会いたい友はいるだろうか。 …続きを読む
    あつひめ
    2017年01月11日
    66人がナイス!しています
  • ‥終末を迎えるまでに至っても、互いを尊重し合う気持ちは出逢った時から変わらない。。これ以上素敵な事はないですね(*´ー`*) ‥終末を迎えるまでに至っても、互いを尊重し合う気持ちは出逢った時から変わらない。。これ以上素敵な事はないですね(*´ー`*)
    Yu。
    2019年03月16日
    25人がナイス!しています
  • 久しぶりの灰谷作品。「母の面影をね、耳たぶの感触で思い出すのです。・・」85歳と78歳の夫婦の旅。 久しぶりの灰谷作品。「母の面影をね、耳たぶの感触で思い出すのです。・・」85歳と78歳の夫婦の旅。
    jima
    2018年05月25日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品