角川ホラー文庫

BLOOD THE LAST VAMPIRE 獣たちの夜

学生運動の時代を舞台に、押井守監督が描く人間と吸血鬼の死闘!!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784043666010

角川ホラー文庫

BLOOD THE LAST VAMPIRE 獣たちの夜

学生運動の時代を舞台に、押井守監督が描く人間と吸血鬼の死闘!!

  • 著者 押井 守
  • 口絵イラスト 寺田 克也
  • カバーデザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784043666010

学生運動の時代を舞台に、押井守監督が描く人間と吸血鬼の死闘!!

1969年夏。デモに参加し、機動隊に追われた高校生零は路地裏で殺人現場を目撃する。日本刀で何者かを惨殺した犯人は、あどけないセーラー服姿の少女だった。その日から零の回りで不審な出来事が相次いで起こる…

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「BLOOD THE LAST VAMPIRE 獣たちの夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とんでもなく、押井節がフルスロットル。これは、1960年代、かの時代からの贈り物。その時代も好きだし、知識の詰め込み具合がハンパない、これって娯楽小説じゃないんじゃないかと思わせる押井節も大好きな私に とんでもなく、押井節がフルスロットル。これは、1960年代、かの時代からの贈り物。その時代も好きだし、知識の詰め込み具合がハンパない、これって娯楽小説じゃないんじゃないかと思わせる押井節も大好きな私には、十分に楽しめる作品であった。この知識の深さには驚かされる一方、興味がない人には徹底的にキツイ作品であることも間違いないだろう。押井監督の映像化作品を見て安易に手を出すのは控えた方がいい。 …続きを読む
    とくけんちょ
    2019年03月13日
    38人がナイス!しています
  • 押井節炸裂! これは、ブラッド ラストバンパイアの原作本ではない。まったくの別物語である。舞台は学生運動盛んな60年代。この時代の雰囲気を見事なまでに再現していると山田氏が巻末で絶賛しているが、その時 押井節炸裂! これは、ブラッド ラストバンパイアの原作本ではない。まったくの別物語である。舞台は学生運動盛んな60年代。この時代の雰囲気を見事なまでに再現していると山田氏が巻末で絶賛しているが、その時代を知らない自分からしてみても、これは生き生きとしていてとてもリアルに感じられた。学生運動に勤しむ彼ら高校生たちの口癖である「ボナパルな!」には、笑わされた。今すぐにでも使いたいフレーズ。内容は、とにかく後藤田を初めとする登場人物が語る語る。とにかく食い散らかしながら、なんページにはわたって語り続ける。これを …続きを読む
    ブナ太郎
    2012年10月29日
    6人がナイス!しています
  • 押井守が、自身を「演じている」んじゃないかと思う程、彼のエッセンスに満ちていた。緻密に描かれた学生運動の内実。家庭内での闘争もまた、リアリズム溢れて面白い。食事のシーンは実においしそうで、話の運びに合 押井守が、自身を「演じている」んじゃないかと思う程、彼のエッセンスに満ちていた。緻密に描かれた学生運動の内実。家庭内での闘争もまた、リアリズム溢れて面白い。食事のシーンは実においしそうで、話の運びに合わせた描写にも感服。極め付けは、死体処理にまつわる話、吸血鬼の生物学的,哲学的見解等、知識の奔流に飲み込まれるような会話。映画と違い、時間経過の固定がないため、異常ともいえる知識を長尺で語る登場人物たちだが、それがまた心地いい。「BLOOD」を借りて、押井守が語る絶望と希望。文体から何から、全てが破格の傑作。 …続きを読む
    長谷川
    2013年03月12日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品