晴明鬼伝

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784043711017

晴明鬼伝

  • 著者 五代 ゆう
  • デザイン ADセカンド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784043711017

中世、都に鬼を喰らう鬼がいた!!

平安時代・中期。葛城山で神狼とともに育った志狼は、死して怨霊となった母との戦いに終止符を打ち、陰陽寮の賀茂忠行と都に登る。そこで彼は、笛吹きの美少女と金髪の獣のような少年の姉弟に出会う。安倍晴明出生の


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「晴明鬼伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安倍晴明を登場させる必要は、果たしてあったのか?当時の時代背景が丁寧に描かれて良かった。ただ、最後に正直言うと自分には合わない作品だった。 安倍晴明を登場させる必要は、果たしてあったのか?当時の時代背景が丁寧に描かれて良かった。ただ、最後に正直言うと自分には合わない作品だった。
    じゅんぢ
    2017年06月09日
    12人がナイス!しています
  • 清明はいつでてくるんだ?と思いつつ物語にはひきこまれる。圧倒的な異能(あるいはカリスマ)を地上に留めておく頚木となすためのモノ、という概念は好きだし、ある意味恋愛と戦闘を絡めてああだこうだという王道テ 清明はいつでてくるんだ?と思いつつ物語にはひきこまれる。圧倒的な異能(あるいはカリスマ)を地上に留めておく頚木となすためのモノ、という概念は好きだし、ある意味恋愛と戦闘を絡めてああだこうだという王道テーマなんじゃないかと思ったり。トントンと進む読み心地はいいのだがラストがちょっと失速感アリ。どこをどう変えろとかいうものではないのですが。 …続きを読む
    朱音
    2011年02月13日
    5人がナイス!しています
  • 晴明鬼伝というタイトルだが、主役は晴明ではありません!! 「純なる事において人に勝る者を鬼と言う」という一文があったが、だとしたら鬼と人間と、はたしてどちらか恐ろしい生き物なのか… 晴明鬼伝というタイトルだが、主役は晴明ではありません!! 「純なる事において人に勝る者を鬼と言う」という一文があったが、だとしたら鬼と人間と、はたしてどちらか恐ろしい生き物なのか…
    ぶっくlover
    2018年09月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品