第4の神話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041959022

第4の神話

  • 著者 篠田 節子
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041959022

急逝した美貌の女性流行作家。華やかな姿に秘られた孤独とは――。

40歳に手が届く女性ライターが、急逝した美貌の女性流行作家の評伝を書くことになった。華やかな姿ばかりが目に付く彼女だったが、その裏側には想像を絶する孤独があった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「第4の神話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 美貌の女性作家、夏木柚香。彼女は人気絶頂のベストセラー作家であるばかりか、家庭にも恵まれ富と名声を欲しいままにしていた。これが第1の神話である。ここから、しだいに彼女の実相が明らかになってゆき、究極は 美貌の女性作家、夏木柚香。彼女は人気絶頂のベストセラー作家であるばかりか、家庭にも恵まれ富と名声を欲しいままにしていた。これが第1の神話である。ここから、しだいに彼女の実相が明らかになってゆき、究極は第4の神話に結実する物語。彼女を小説の軸にしながら、さらに2つのディメンションが描かれる。それを書く売れないライターの万智子と、出版会の実情がそれである。終盤では、これに新たに芸術までが付与されてゆくといった念の入った重層性である。そして終章で、この小説の通俗的なありきたり感を一気に昇華させる手腕は見事。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2017年12月15日
    320人がナイス!しています
  • タイトルから隠された秘密がどんどん暴露されていくと思ったが、意外な展開にのめり込んだ。作家やライター、芸術家たちと異色でありちょっと手に届かない高貴な芸術を感じさせながら、亡くなった人気美人作家の隠さ タイトルから隠された秘密がどんどん暴露されていくと思ったが、意外な展開にのめり込んだ。作家やライター、芸術家たちと異色でありちょっと手に届かない高貴な芸術を感じさせながら、亡くなった人気美人作家の隠されていた素顔を追っていく様子はメリハリがあっていいと思う。しかし後半は能がメインの話題になりシラけてしまった。筆者の力量は充分に感じたが、後味はあまり良くない。 …続きを読む
    James Hayashi
    2017年03月23日
    30人がナイス!しています
  • 「私の作品は、5年経てば忘れられる」篠田さんらしい死去した小説家を、ある意味主人公にして話は進む。この人は同じパターンの小説が多いですね。確か篠田さんの夫は、篠田さんが売れてから主夫になったとかで、こ 「私の作品は、5年経てば忘れられる」篠田さんらしい死去した小説家を、ある意味主人公にして話は進む。この人は同じパターンの小説が多いですね。確か篠田さんの夫は、篠田さんが売れてから主夫になったとかで、この主人公の夫は、売れた妻に対抗して事業を行って大失敗する。と。。そういうところを引っ掛りつつ読みました。でも、この主人公は幸せになろうと思えばなれたはずなのに。あんなに素敵な異性の友人が沢山いるんだから。不幸の形はいろいろあるということでしょうね。 …続きを読む
    巨峰
    2011年08月16日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品