試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041911068

刹那の街角

  • 著者 香納 諒一
  • デザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041911068

「俺たちの仕事は、人を疑うことだ」--警察小説連作集。

新宿の裏社会とアジアの地下銀行の取引の陰で、幸薄いひとりの女が命を落とした。表題作「刹那の街角」をはじめ、運命に翻弄され心ならずも犯罪に巻き込まれる人生の悲哀を描いた計七編を収める連作短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刹那の街角」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 連作の警察小説。どれも後味は悪く、もやもやした感じが残るタイプ。 連作の警察小説。どれも後味は悪く、もやもやした感じが残るタイプ。
    詩界 -うたか-
    2020年02月06日
    7人がナイス!しています
  • 昭和のにおいがする。ポケベルとか。でも最近の刑事物とちょっと違った人情の深さが感じられた。 昭和のにおいがする。ポケベルとか。でも最近の刑事物とちょっと違った人情の深さが感じられた。
    かたつむり
    2011年05月04日
    0人がナイス!しています
  • 昨日読んだ新野さんに引き続き、これもピンとこない……。あとがきと解説まで読んだけど、それでもピンとこない。 昨日読んだ新野さんに引き続き、これもピンとこない……。あとがきと解説まで読んだけど、それでもピンとこない。
    鈴と空
    2011年11月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品