角川文庫

富良野ラベンダー館の殺人 香りの殺人シリーズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041789803
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

富良野ラベンダー館の殺人 香りの殺人シリーズ

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041789803

本から漂うラベンダーのアロマをヒントに、謎を解け!

北海道富良野のラベンダー館でひとりの女性が殺された。資産家の娘だった彼女を狙った殺人なのか、それとも・・・・・・。深まる謎を解くヒントは現場に残されていたラベンダーの香りだった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「富良野ラベンダー館の殺人 香りの殺人シリーズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 烏丸ひろみシリーズ第10弾。本作は香りの殺人シリーズとして、ページの最初に本当にラベンダーの香りが付いている。主人公烏丸ひろみは元警視庁捜査1課の刑事であり、7作目で負った怪我の影響で刑事を退職した。 烏丸ひろみシリーズ第10弾。本作は香りの殺人シリーズとして、ページの最初に本当にラベンダーの香りが付いている。主人公烏丸ひろみは元警視庁捜査1課の刑事であり、7作目で負った怪我の影響で刑事を退職した。この怪我を通じて、別シリーズの主人公氷室想介の治療を受けている。軽く読める作品が多く、本作も気軽に向き合えるのですが、謎の設定や意外な犯人など充分な謎解きは楽しめる。一つの舞台で、物語が完結するのもスピード感があって良い。章の間に在る犯人の独白がミステリを引き締め、推理上でのポイントにもなっているのは面白い。 …続きを読む
    セウテス
    2017年01月31日
    58人がナイス!しています
  • 今日読んだのだが、 ラベンダーがどういう役割だったか すぐには思い出せない 今日読んだのだが、 ラベンダーがどういう役割だったか すぐには思い出せない
    さけフレーク
    2014年07月23日
    1人がナイス!しています
  • 富良野といえばラベンダー、ラベンダーといえば富良野みたいな発想で書いたのかな。ただラベンダー館って(笑)。ファーム富田ならまだその発想に耐えうるかな。作中アロマテラピーの記述があり、その効能についてい 富良野といえばラベンダー、ラベンダーといえば富良野みたいな発想で書いたのかな。ただラベンダー館って(笑)。ファーム富田ならまだその発想に耐えうるかな。作中アロマテラピーの記述があり、その効能についていくつか紹介されています。ちなみにラベンダーって1つで色んな効能があってメインは鎮静作用だよ。 …続きを読む
    永田 誠治
    2005年12月07日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品