角川文庫

嵯峨野白薔薇亭の殺人 香りの殺人シリーズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784041789834
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

嵯峨野白薔薇亭の殺人 香りの殺人シリーズ

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン 亀海 昌次
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784041789834

甘美なる香りが、殺人事件解決のヒントです。

ミステリの謎を解く鍵は、「香り」。甘くフルーティーな香りに酔いしれながら、ミステリアスな世界へと誘う、香り殺人事件シリーズ第一弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「嵯峨野白薔薇亭の殺人 香りの殺人シリーズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2010/10/26〜10/28 烏丸ひろみシリーズ。 刑事を止めたひろみが旅ライターとして出入りしている明友社が主催するホラー大賞に、美貌の女子大生 呉葉翔子が輝いた。しかし、受賞後まもなく彼女の受 2010/10/26〜10/28 烏丸ひろみシリーズ。 刑事を止めたひろみが旅ライターとして出入りしている明友社が主催するホラー大賞に、美貌の女子大生 呉葉翔子が輝いた。しかし、受賞後まもなく彼女の受賞作「白薔薇の呪い」が盗作であるとの告発文書が届く。スキャンダル誌も巻き込んだ騒動の中、著者の翔子は姿を消してしまう。何故、翔子は盗作したのか、何故、翔子は追われないといけなかったのか。その謎に烏丸ひろみが挑む。  吉村作品得意の舞台設定。魅力的な謎ではあるが、いつもながら(失礼)の強引な心理分析を基にした …続きを読む
    gonta19
    2010年10月28日
    10人がナイス!しています
  • ホラー大賞をとった作品に盗作疑惑が持ち上がって…という感じで始まるミステリーでした。 色々共感しがたいところもありましたが一気に読めました。 ホラー大賞をとった作品に盗作疑惑が持ち上がって…という感じで始まるミステリーでした。 色々共感しがたいところもありましたが一気に読めました。
    そのぼん
    2012年02月25日
    5人がナイス!しています
  • C  C 
    パフちゃん@かのん変更
    2010年05月26日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品