初歩から学ぶ生物学

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047033573

初歩から学ぶ生物学

  • 著者 池田 清彦
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047033573

生物学は楽しい!

進化とは? 遺伝とは? 人はなぜ病気になるのか? 生存競争は本当にあるのか? 生物学には、分かっているようで解明されていない多くの問題がある。教科書以前の素朴な疑問を解き明かす生物学入門の決定版。

〈目次〉
はじめに

第一章 生命についての素朴な疑問
    一 生きているってどんなこと?
    二 環境は守らねばないないのか?
    三 心はどこにあるのか?
    四 人はなぜ死ぬのか?

第二章 生物の仕組み
    一 卵はどうして親になるのか?
    二 遺伝子は生命の設計図か?
    三 人は一種、昆虫は三千万種──多様性のなぞ
    四 生存競争って本当にあるの?
    五 性の不思議

第三章 進化と由来の不思議
    一 地球にバクテリアしかいなかった頃
    二 クジラは昔カバだった?
    三 進化の本当の仕組みはまだわかっていない
    四 恐竜はなぜ滅んだのか?
    五 私たちはどこからきたのか?

第四章 病気のなぞ
    一 がんになる人ならぬ人
    二 エイズはどうして治らないのか?
    三 狂牛病と共食い
    四 病気と遺伝

あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「初歩から学ぶ生物学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こういう本を読んでおくと、病気や死は怖くなくなる。生命数十億年の歴史は捕食者との闘い、自分の免疫力VS病気・怪我との闘い。そして運もたくさん作用する。全生物、死ぬまで生きているだけ。その間に子孫を残せ こういう本を読んでおくと、病気や死は怖くなくなる。生命数十億年の歴史は捕食者との闘い、自分の免疫力VS病気・怪我との闘い。そして運もたくさん作用する。全生物、死ぬまで生きているだけ。その間に子孫を残せれば成功!死ぬのが怖くて生きてられるか!というぐらいに開き直ると、人生楽ちんです♪捕食者がいない分だけ、人間は気楽です。 …続きを読む
    トムトム
    2020年04月06日
    20人がナイス!しています
  • 初歩からとはいえ、理科嫌いにはちょっと難しい箇所もちらほら。科学が進歩したとはいえ、生物にはまだまだ謎が多い。細胞の複雑な仕組みは分かっても、なぜそうなっているのかは分からない。将来的にも分からないか 初歩からとはいえ、理科嫌いにはちょっと難しい箇所もちらほら。科学が進歩したとはいえ、生物にはまだまだ謎が多い。細胞の複雑な仕組みは分かっても、なぜそうなっているのかは分からない。将来的にも分からないかもしれない。がんになりやすい体質まで遺伝することを考えると、生物の進化はやっぱり結果なのかなぁと思う。単細胞から多細胞、無性生殖から有性生殖になったおかげで多様性を獲得できた反面、複雑で面倒な性質まで抱えてしまうなんて、自然はうまく出来ている …続きを読む
    ZEPPELIN
    2014年05月25日
    6人がナイス!しています
  • 高校の時、生物の授業が面白くなく、終わりのチャイムがいつも待ち遠しかったのが、何故か思い出される。(苦笑)ただ受験用、単位取りの暗記科目にすぎなかった。「生きているとは?」「生命とは?」など 生物に関 高校の時、生物の授業が面白くなく、終わりのチャイムがいつも待ち遠しかったのが、何故か思い出される。(苦笑)ただ受験用、単位取りの暗記科目にすぎなかった。「生きているとは?」「生命とは?」など 生物に関する初歩的、素朴な疑問が満載で、一つ一つ分かり易く応えてくれる。知的好奇心を満たしてくれるのがいい。「人間は10年前と今とでは自己を形成する物質がすべて変わってしまってる。にもかかわらず、自分は自分だと認識している。つまり「自己同一性」という意識を持つ」「こころはどこにあるのか?」も面白く謎に満ちている。 …続きを読む
    よし
    2014年10月14日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品