悪魔とプリン嬢

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048972024

悪魔とプリン嬢

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳者 旦 敬介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048972024

善良な村を訪れた旅人は、実は悪魔だった--!?

山間の平和な村を、金塊を背負った旅人が訪れる。村で殺人が起きれば、金塊を村に提供しようという旅人の提案に、村人達の欲望が喚起され--。異常なまでの緊張感で、人間の根元的な問題に迫る衝撃作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「悪魔とプリン嬢」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主題は人間の中に存在する“善”と“悪”.そんな深い主題を面白い設定とストーリーで一気に読ませる.人間の普遍的な魂の在り方を巧みに描いている傑作. 主題は人間の中に存在する“善”と“悪”.そんな深い主題を面白い設定とストーリーで一気に読ませる.人間の普遍的な魂の在り方を巧みに描いている傑作.
    さぼさん
    2010年05月25日
    4人がナイス!しています
  • ひとは性善か性悪かこの古典的命題に真っ向から挑んだ小説。舞台設定や登場人物が絶妙で一気に読ませます。宗教やその教義、救済も含め人間存在の根底を問う物語を平易な語り口で提示します。もっと読まれてよい名作 ひとは性善か性悪かこの古典的命題に真っ向から挑んだ小説。舞台設定や登場人物が絶妙で一気に読ませます。宗教やその教義、救済も含め人間存在の根底を問う物語を平易な語り口で提示します。もっと読まれてよい名作です。◎ …続きを読む
    ふくさん
    2014年11月19日
    2人がナイス!しています
  • 「良き者などいない。たった一人の神のほかには」冒頭の一節が示す様に、異邦人、聖歌隊の少年、神父、魔女、主人公。そして讃えられる聖人にすら、魂における善と悪の葛藤があり、ただそこに加わる賽の一振りによっ 「良き者などいない。たった一人の神のほかには」冒頭の一節が示す様に、異邦人、聖歌隊の少年、神父、魔女、主人公。そして讃えられる聖人にすら、魂における善と悪の葛藤があり、ただそこに加わる賽の一振りによって、我々は天使にも悪魔にも成り得るのだ、と。一見する牧歌的な楽園からの、主人公の失楽園を通じ、この物語は語られる。提示される悪に心乱され揺れる人々。抗いの果て善に目覚める主人公。悪を証明する筈が、結果解き放たれてしまった異邦人。「一人の物語は、人類の物語」人物のそれぞれの葛藤は、我々の日常と何かしら重なる筈。 …続きを読む
    AD238
    2014年06月08日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品