七人の武蔵

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041290064

七人の武蔵

  • 著者 山本 周五郎
  • 著者 司馬 遼太郎
  • 著者 津本 陽
  • 著者 山岡 荘八
  • 著者 光瀬 龍
  • 著者 武者小路 実篤
  • 著者 海音寺 潮五郎
  • 著者 山本 周五郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041290064

武者小路実篤から司馬遼太郎まで、豪華ラインナップで送る武藏アンソロジー

武者小路実篤・山本周五郎・山岡荘八・海音寺潮五郎・司馬遼太郎・津本陽・・・。宮本武蔵はこらまで、どのようにして描かれてきたのか。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「七人の武蔵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。司馬遼太郎、津本陽、山岡荘八、光瀬龍、武者小路実篤、海音寺潮五郎、山本周五郎の7人がそれぞれ武蔵を描く。武蔵に関する資料は少ないから、7人7様の物語になっている。武者小路実篤の「宮本武蔵」は 図書館本。司馬遼太郎、津本陽、山岡荘八、光瀬龍、武者小路実篤、海音寺潮五郎、山本周五郎の7人がそれぞれ武蔵を描く。武蔵に関する資料は少ないから、7人7様の物語になっている。武者小路実篤の「宮本武蔵」は、武者小路実篤と思しき「俺」が武蔵に問い武蔵が答える形で武蔵の生涯を追うという変わった構成。強い相手とあまり試合しなかった理由なども武蔵に赤裸々に語らせている。 …続きを読む
    AICHAN
    2017年12月01日
    31人がナイス!しています
  • すごい作家達の短編集だったんで読んでみた。司馬さん以外は全て初めて読む人ばかりだったので作風に触れられて良かった。どれも読みやすかった。まさか文学史に出てくるような武者小路実篤の作品を読む日が来るとは すごい作家達の短編集だったんで読んでみた。司馬さん以外は全て初めて読む人ばかりだったので作風に触れられて良かった。どれも読みやすかった。まさか文学史に出てくるような武者小路実篤の作品を読む日が来るとは。確実な資料が少ない宮本武蔵だけに色んな視点、解釈で描かれていて勉強になった。武蔵は関が原の闘いにも参加していたのかぁ。 …続きを読む
    red
    2014年12月27日
    4人がナイス!しています
  • 宮本武蔵アンソロジー。山岡、武者小路、周五郎は初めて読んだ。司馬も上手いが、海音寺と周五郎の二人は群を抜いて文章が上手い!。素晴らしい。 宮本武蔵アンソロジー。山岡、武者小路、周五郎は初めて読んだ。司馬も上手いが、海音寺と周五郎の二人は群を抜いて文章が上手い!。素晴らしい。
    2011年07月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品