角川文庫

恋を数えて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043593026

角川文庫

恋を数えて

  • 著者 佐藤 正午
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043593026

賭け事をする男とだけは一緒になるな。それが母の遺言でした。

幸せになれないとわかっていても、どうしても好きになってしまう相手がいる。いつかせつない思いを抱えることになると予感していても……。地方都市の夜の街で働く秋子の、やるせなくも静かな日々を描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恋を数えて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うそを数えて、ほんまどす~か。男と女の関係は嘘の数だけ深みにはまるような気がする。この物語にはモデルとなる女性がいたそうだ。あとがきを読んでそういうこともあるのかと、小説が生まれるまでの作家の心情を察 うそを数えて、ほんまどす~か。男と女の関係は嘘の数だけ深みにはまるような気がする。この物語にはモデルとなる女性がいたそうだ。あとがきを読んでそういうこともあるのかと、小説が生まれるまでの作家の心情を察した。幸せなんて言葉は禁句なんじゃないかと思うくらい、酒場で生きる女の暮らしぶりは太陽とは無縁で、とても心配になってしまう。賭け事をする男はダメだよ…そう母に言われたこと自体が女の人生をダメな方へダメな方へと引き寄せるような気さえした。男が女を作るのか、女が男をダメ男にしてしまうのか。なんとも息苦しい読後感。 …続きを読む
    あつひめ
    2014年04月17日
    84人がナイス!しています
  • 「賭け事をする男とだけは一緒になるな。」「この秋には三十歳をむかえます。」冒頭としめくくりに置いたこの二つの台詞がまずあり、「ぼくの仕事は、いわばその二行の間の空白を埋めることでした。」と佐藤正午さん 「賭け事をする男とだけは一緒になるな。」「この秋には三十歳をむかえます。」冒頭としめくくりに置いたこの二つの台詞がまずあり、「ぼくの仕事は、いわばその二行の間の空白を埋めることでした。」と佐藤正午さんがあとがきで書かれています。この小説はキャリア初期の作品ですが、このような書き方は近年の『ダンスホール』でも採用されており、正午さんの好きな構成だと思います。本作は大部分を主人公・秋子の回想・台詞で占められています。「~です。」と「~た。」を混在させた語りのテクニックが素晴らしく、作品の雰囲気を作っています。 …続きを読む
    こすも
    2017年10月11日
    18人がナイス!しています
  • 素晴らしい文章! 本来「ですます」調と「だった」を織り交ぜるのはタブーであるはずなのに、あえてそれを使っているうえ、語り手秋子の色になっている感じが、普通の作家ではありえないテクニックだろうと度肝を抜 素晴らしい文章! 本来「ですます」調と「だった」を織り交ぜるのはタブーであるはずなのに、あえてそれを使っているうえ、語り手秋子の色になっている感じが、普通の作家ではありえないテクニックだろうと度肝を抜かれます。挿し込まれる歌の引用も、青臭かったり変な色がつかない。こんな作品がずっと埋もれていたなんてもったいない。直木賞受賞で再販になり、日の目を見て本当に良かった。古い作品はKindleで読んでましたが佐藤正午は本で読んだ方が絶対いいと感じました。 …続きを読む
    cozy
    2017年08月30日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品