東京青年

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041371954

東京青年

  • 著者 片岡 義男
  • 写真 片岡 義男
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041371954

舞台は1950年代の東京、少年はこうして大人になった。

少年は作家志望のヨシオの前にあらわれる美しい大人の女性たち。彼女たちの手ほどきによって、彼は次第に自分に目覚めていく・・・。スタイリッシュで爽やかな青春小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「東京青年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 青空文庫に新しく追加されたのをきっかけに、電子と書籍、両方で読みました。書籍の表紙がすてき。片岡さんご自身が撮られたもので、50年代前半のアメリカの雑誌のグラビアを複写したものらしいです。舞台は196 青空文庫に新しく追加されたのをきっかけに、電子と書籍、両方で読みました。書籍の表紙がすてき。片岡さんご自身が撮られたもので、50年代前半のアメリカの雑誌のグラビアを複写したものらしいです。舞台は1960年代の東京。主人公は20代前半の男子学生。内容はいつもながら、行動力のあるさばさばした人たちと美人が盛りだくさんで、写真を撮ったり文章を書いたり本を創ったり恋をしたり。似た内容が多いのに読んでしまう片岡作品。そろそろ飽きてきたかな? …続きを読む
    ほほほ
    2015年08月18日
    22人がナイス!しています
  • 若い官能の在り方は普遍であってほしいと思う。通り過ぎていくものでありながら、そこにある感情をちゃんと意識して大人に‘なっていく’ことが美しいのだから。 常にその時代の憧れる格好よさを小説に描いてきた作 若い官能の在り方は普遍であってほしいと思う。通り過ぎていくものでありながら、そこにある感情をちゃんと意識して大人に‘なっていく’ことが美しいのだから。 常にその時代の憧れる格好よさを小説に描いてきた作家さんのイメージがありますが、この『東京青年』はノスタルジーなのかオマージュなのか。片岡さんが書かれた時期を知り(著者50代)、背景に選ばれた1950年代の青年の人生(現在は彼らの人生も70代以上!)を思います。官能小説に近い部分もありながらすこし感慨もあり・・ …続きを読む
    rakim
    2013年06月30日
    10人がナイス!しています
  • 「『僕も好きです』と答えた。その言葉に関して、自分が守るべき有効期限はどのくらいだろうか。」こんなことを考えてしまうヨシオが高校生から大人になる話。「なにをどれだけ記憶し、なにをどう忘れ、なにをいつ、 「『僕も好きです』と答えた。その言葉に関して、自分が守るべき有効期限はどのくらいだろうか。」こんなことを考えてしまうヨシオが高校生から大人になる話。「なにをどれだけ記憶し、なにをどう忘れ、なにをいつ、なぜ、思い出すのか」「覚えられるだけでいい」硬い言葉、硬い表現、そこにある美しさとか、官能さとか、今まで読んだ本には無い感覚がした。こんな高校生いる?と思いつつ、結局こういうどっしり構え、土地を持ち、主従関係をがっちり握る男子は年上女性をも虜にする、ということ…?ヨシオさん恐るべし。そして綺麗。 …続きを読む
    こまねこ
    2020年08月10日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品