幻の女

1999年 第52回 日本推理作家協会賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
720
ISBN:
9784041911044

1999年 第52回 日本推理作家協会賞

幻の女

  • 著者 香納 諒一
  • デザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
720
ISBN:
9784041911044

愛した女は誰だったのか。日本推理作家協会賞受賞作。

弁護士の栖本は五年ぶりにかつての恋人、瞭子に会い、未だに彼女を忘れられない自分を知る。ところがその翌朝、瞭子が刺殺されたという連絡を受け、彼女の本当の過去を追い始める。日本推理作家協会賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幻の女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5年前に去った女性が突然現れ、翌朝殺害される。しかも 別人だった…という設定はミステリの王道だが、著者の文章に込めた想いのようなものが 伝わってくる良質なミステリである。 5年前に去った女性が突然現れ、翌朝殺害される。しかも 別人だった…という設定はミステリの王道だが、著者の文章に込めた想いのようなものが 伝わってくる良質なミステリである。
    遥かなる想い
    2010年09月18日
    108人がナイス!しています
  • 日本推理作家協会賞受賞作。正統派ハードボイルド。突然再会した昔の女が謎のメッセージを残したまま殺されて調べたら戸籍が別人で幻の女に・・。さらに調べるとその裏にはお決まりのいろんな策略が・・。主 日本推理作家協会賞受賞作。正統派ハードボイルド。突然再会した昔の女が謎のメッセージを残したまま殺されて調べたら戸籍が別人で幻の女に・・。さらに調べるとその裏にはお決まりのいろんな策略が・・。主人公が1人の女のために仕事も投げ打って調査にあけくれる姿が女々しいという感想が多いけど男って女性より女々しいかもなあ?主人公は表の社会で力のある弁護士だけど裏の社会の力の前ではその力も限界が・・・。まざまざと法ではどうしようもできない裏の力ってやつを思い知らされる物語だな。 …続きを読む
    タックン
    2014年01月23日
    64人がナイス!しています
  • 2011/5/13 Amazonより届く。 2013/1/31〜2/4 第52回日本推理作家協会賞長編部門受賞作。正統派ハードボイルドである。他の方の感想では、何故そこまでこだわるのか理解出来ない、 2011/5/13 Amazonより届く。 2013/1/31〜2/4 第52回日本推理作家協会賞長編部門受賞作。正統派ハードボイルドである。他の方の感想では、何故そこまでこだわるのか理解出来ない、というコメントも多々あるが、私はあまり気にならなかった(ハードボイルドは男のセンチメンタリズムを刺激するからか?)。確かにちょっと長すぎるが、後半のたたみかけは見事。最後の数ページ(未読の方のためにぼかします)はやられます。 …続きを読む
    gonta19
    2013年02月04日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品