有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
1
ISBN:
9784041913062

有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー

  • 編 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
1
ISBN:
9784041913062

有栖川有栖絶賛の、知られざる短編ミステリの数々を集めた見逃せない一冊。

つのだじろう作、マニアの間でも垂涎の幻の名漫画ミステリー『金色犬』、台湾の隠れた傑作鉄道ミステリー『生命線上』など、入手困難な幻の作品ばかりを集めたミステリーアンソロジー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『北村薫の本格ミステリ・ライブラリー』と姉妹本です。 読み友さんも書いていますが、こうしたアンソロジーを読んでいますと、知った作品にぶつかるもんです。しかしこの本は、捜してもなかなか見つからない超レア 『北村薫の本格ミステリ・ライブラリー』と姉妹本です。 読み友さんも書いていますが、こうしたアンソロジーを読んでいますと、知った作品にぶつかるもんです。しかしこの本は、捜してもなかなか見つからない超レアな作品に絞って、プレゼンされています。つのだじろう氏の『黄金犬』は、マンガですが正統派のミステリーで、幻の作品と言われているそうです。「わたくし・・は犯人」から始まる作品は、続きを読みたいと思いませんか?純粋にトリックを楽しむなら、短編が丁度良いと気付かせてくれます。北村薫氏の方を、先に読む必要があります。 …続きを読む
    セウテス@第60回うさぎの館イベ「ミステリ押しメン」祭
    2014年10月31日
    53人がナイス!しています
  • 面白い作品は多いが結構トリックが無茶な感じの物も多かった気がする。楽しめはしたけど若干「本格推理」ってなんだろうって思ってしまうような作品が多い。幅広く楽しめるってことでは良いんでしょうけどね。珍しい 面白い作品は多いが結構トリックが無茶な感じの物も多かった気がする。楽しめはしたけど若干「本格推理」ってなんだろうって思ってしまうような作品が多い。幅広く楽しめるってことでは良いんでしょうけどね。珍しい作品を集めているっていることで貴重なのかな(笑) …続きを読む
    ホームズ
    2012年07月14日
    24人がナイス!しています
  • けっこうバカバカしい話が多い気がする、けっこう面白かったけど。 けっこうバカバカしい話が多い気がする、けっこう面白かったけど。
    山田太郎
    2011年06月30日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品