試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043587018

十三番目の陪審員

  • 著者 芦辺 拓
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043587018

裁判そのものが完全犯罪だった! 司法制度に仕掛けられた壮大なトリック。

殺人事件を捏造し、警察と報道がいかに冤罪を生み出すか暴こうと考えた男は、思いもよらぬ死体の出現で逮捕されてしまう。民主的司法をめざして復活した陪審制のもと、十二人の市民がこの事件に下す意外な評決とは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「十三番目の陪審員」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 架空の殺人事件を仕立て上げ、冤罪事件のヒーローとなる計画に乗った鷹見暸一。しかし逮捕された彼は実在の強姦殺人事件の容疑者とされる。戦後初の陪審員裁判で裁かれる判決の行方は…。架空の設定ではあるけど、ま 架空の殺人事件を仕立て上げ、冤罪事件のヒーローとなる計画に乗った鷹見暸一。しかし逮捕された彼は実在の強姦殺人事件の容疑者とされる。戦後初の陪審員裁判で裁かれる判決の行方は…。架空の設定ではあるけど、まさしく法廷もの!な作品。DNA鑑定すら欺くというあらすじに俄然興味をひかれた。とんでもー!やそんなことある??な展開も二、三あったが、原発事故や民主的な裁判制度が取り入れられた世界を、1998年に描いていること自体に驚かされる。タイトルにはちょっと違和感。かっこいいけど違うでしょって思ってしまった…。 …続きを読む
    かのこ
    2017年05月25日
    48人がナイス!しています
  • 森江春策シリーズ。冤罪計画に参加した鷹見は身に覚えのない事件の容疑者に、弁護士に森江春策、そして十二人の陪審員たち…。一体どうやって無実を、と裁判が始まってからもうドキドキ。評決が出てからも最後の最後 森江春策シリーズ。冤罪計画に参加した鷹見は身に覚えのない事件の容疑者に、弁護士に森江春策、そして十二人の陪審員たち…。一体どうやって無実を、と裁判が始まってからもうドキドキ。評決が出てからも最後の最後まで。シリーズ何冊か読んだけど確実に上位にくる面白さ。原発事故、裁判員制度、冤罪…この作品の単行本が発売されたのが1998年というのがすごい。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2018年03月11日
    21人がナイス!しています
  • 1998年刊。日本の裁判に陪審員制度が採りいれられた世界。現実では2009年に裁判員制度による公判が始まった。陪審員が予断を持たぬよう配慮がされたり、陪審員のために公判の要点をまとめたり、分かりやすい 1998年刊。日本の裁判に陪審員制度が採りいれられた世界。現実では2009年に裁判員制度による公判が始まった。陪審員が予断を持たぬよう配慮がされたり、陪審員のために公判の要点をまとめたり、分かりやすい資料の用意や進め方をしたりと現実の裁判員制度でも為されていることが書かれている。なので、陪審員制度の難点や怖さも書かれている。他にも冤罪やDNA鑑定など扱っているテーマは大きい。事件の内容もおもしろい。 …続きを読む
    寝落ち6段
    2020年01月02日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品