角川文庫

眠らない少女 高橋克彦自薦短編集

高橋文学の真髄に触れる珠玉の自薦短篇集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041704172
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

眠らない少女 高橋克彦自薦短編集

高橋文学の真髄に触れる珠玉の自薦短篇集

  • 著者 高橋 克彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041704172

高橋文学の真髄に触れる珠玉の自薦短篇集

妻が娘に語っていた「あまのじゃく」の物語を聞いていた「私」は、自分の故郷に伝わっていた凄惨な「あまんじゃく」を思い出し…。前世の記憶と怨念が凄絶な惨事を引き起こす表題作ほか10編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「眠らない少女 高橋克彦自薦短編集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラー月間にピッタリかなと思い、高橋克彦さん自薦短編集読了。『眠らない少女』『ゆきどまり』『ねじれた記憶』がよかった。異世界への入り口に立ってしまうのは、どうしたって抗えない運命のようで怖ろしい。。。 ホラー月間にピッタリかなと思い、高橋克彦さん自薦短編集読了。『眠らない少女』『ゆきどまり』『ねじれた記憶』がよかった。異世界への入り口に立ってしまうのは、どうしたって抗えない運命のようで怖ろしい。。。 …続きを読む
    ゆきくじ
    2015年08月11日
    11人がナイス!しています
  • 民話や、伝記から作られた作品が多く見られました。浮世絵ものからホラー、怪奇小説、幅広いジャンルが掲載。著者の小説に向ける愛がつまった作品集だとおもいます。気味の悪い後味が残るものも多いですが、作品の世 民話や、伝記から作られた作品が多く見られました。浮世絵ものからホラー、怪奇小説、幅広いジャンルが掲載。著者の小説に向ける愛がつまった作品集だとおもいます。気味の悪い後味が残るものも多いですが、作品の世界観がそれぞれはっきりしているので、全体的にはスッキリした印象でした。著者の入門書でもあるし、愛蔵版のような気もします。ジャパニーズホラーが大好きですが、やっぱり日本の昔の話は冷たくじっとりとしていて、いいですね笑 …続きを読む
    ちぃまゆ
    2017年03月25日
    9人がナイス!しています
  • 民話とか伝承、民俗学を基本的な背景にして描かれている短編集。高橋克彦さん自薦撰集だけあって多彩なラインナップ。それぞれに付いている作者の解説も興味深く、「高橋さん入門」にも良さそう。伝奇、ホラー寄りで 民話とか伝承、民俗学を基本的な背景にして描かれている短編集。高橋克彦さん自薦撰集だけあって多彩なラインナップ。それぞれに付いている作者の解説も興味深く、「高橋さん入門」にも良さそう。伝奇、ホラー寄りです。 …続きを読む
    rakim
    2016年02月14日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品