「彼女たち」の連合赤軍 サブカルチャーと戦後民主主義

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044191092

「彼女たち」の連合赤軍 サブカルチャーと戦後民主主義

  • 著者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044191092

獄中で乙女ちっくな絵を描いた永田洋子、森恒夫の顔を「かわいい」と言ったため殺された女性兵士。連合赤軍の悲劇をサブカルチャー論の第一人者が大胆に論じた画期的な評論集! 新たに重信房子論も掲載。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「彼女たち」の連合赤軍 サブカルチャーと戦後民主主義」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「連合赤軍」と聞くと歴史の教科書の登場人物たちという認識しかなかった。そこに大塚英志は「批評」という視点が加えて,「連合赤軍」に新たな見方を与えてくれた。平成生まれにとっては,あさま山荘事件も連合赤軍 「連合赤軍」と聞くと歴史の教科書の登場人物たちという認識しかなかった。そこに大塚英志は「批評」という視点が加えて,「連合赤軍」に新たな見方を与えてくれた。平成生まれにとっては,あさま山荘事件も連合赤軍も歴史の出来事となっている。本書では,大塚は連合赤軍の女性指導者にスポットライトを当てる。彼女らの思いや世界観,そしてそれを見て,消費している私たちを考える。フェミニズムについての考察もある。ここで大塚はまさに「彼女たち」をものがたっている。 …続きを読む
    ヤギ郎
    2019年04月30日
    20人がナイス!しています
  • 「私」に輪郭を与える思想やことばを模索する時代から、モノ=記号で誰でも「私」の表現が可能になる時代への移行期間に、連合赤軍の「彼女たち」は、総括の女性被害者の一人が発した森恒夫への「目が可愛い」発言や 「私」に輪郭を与える思想やことばを模索する時代から、モノ=記号で誰でも「私」の表現が可能になる時代への移行期間に、連合赤軍の「彼女たち」は、総括の女性被害者の一人が発した森恒夫への「目が可愛い」発言や永田洋子が獄中で自らに許した〈乙女ちっく〉イラストが表していたように、記号(かわいい)の消費によって私を獲得する社会を(受容できずに自壊したものの)予見していた。連赤事件をフェミニズムと消費社会化、サブカルで総括する視点は斬新で面白い。『少女民俗学』の前身的な内容。 …続きを読む
    サイバーパンツ
    2018年07月14日
    8人がナイス!しています
  • これはまずもって断言しておきたいけれど、サブカルチャーは、本来的には、戦後や民主主義といった歴史の舞台にはあがりえないもの。それは時の流れとともに痕跡を残すことなく消えてゆく消費財という認識が主流にあ これはまずもって断言しておきたいけれど、サブカルチャーは、本来的には、戦後や民主主義といった歴史の舞台にはあがりえないもの。それは時の流れとともに痕跡を残すことなく消えてゆく消費財という認識が主流にある。その点、本書で引用されている大江健三郎の様な文学という立ち位置からすれば、世に溢れるサブ・カルチャーとしての文学は歴史的には不毛なのだろう。しかし、大塚の試みは大変に刺激的。そうした大文字の歴史から放逐された、その政治性、つまりは行き着くべくして行き着いたサブ・カルチャーという認識はとてもするどいと思う。 …続きを読む
    КИТАРУ МУРАКАМУ
    2012年02月10日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品