角川文庫

13

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784043636013

角川文庫

13

  • 著者 古川 日出男
  • イラスト パブロ・ピカソ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784043636013

濃密で芳香、圧倒的な文章力。驚異のマジック・レアリズム小説!

左目だけが色弱の少年・響一は、幼い頃から驚異的な知能指数で、色彩の天才といわれる。進学をせず、ザイールに向かった響一が出逢ったのは、霊力の森、そして「黒いマリア」だった・・・。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「13」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 無駄に溢れかえった色彩に埋没した私に天使はみえない。人が森を作り森は色を生んだ。その中でただ息苦しいほど濃密な生の気配を感じる。生きるものと死した霊とが重なり合う世界で起こることが起こり、表に現れた現 無駄に溢れかえった色彩に埋没した私に天使はみえない。人が森を作り森は色を生んだ。その中でただ息苦しいほど濃密な生の気配を感じる。生きるものと死した霊とが重なり合う世界で起こることが起こり、表に現れた現象に人が、土地が、時勢が、見出だす勝手な奇蹟。人が求めた神の意思がそこにある。起こったことが起こったことに神の意思がない故のあやまちも。境界だらけのリアリティ、でもあらゆる生命の霊がいる世界が、境界なんて本当はなくてすぐそこに重なっていることを知ってしまったから。裂け目を作る、そこから原始の神の色を幻視する。 …続きを読む
    さっとる◎
    2019年01月25日
    44人がナイス!しています
  • これは傑作。古川日出男デビュー作。生命力に溢れ色が溢れ熱が溢れ、くらくらする。先が気になるのに物語の筋とかどうでもいい気もしてくる。色で、音で、言葉で、日常を超えた世界を叩きつけられる。活字と物語では これは傑作。古川日出男デビュー作。生命力に溢れ色が溢れ熱が溢れ、くらくらする。先が気になるのに物語の筋とかどうでもいい気もしてくる。色で、音で、言葉で、日常を超えた世界を叩きつけられる。活字と物語では表現しきれない領域を、活字と物語でしか表現できない小説というかたちに落としこむ。聴衆を意識しない、物語としてある物語。小説家古川日出男が極彩色で詰め込まれた作品、な気がする。物語世界でしか表現できないこと。それをそうと意識して作品を創り出す作家さん。リスペクトだな本気で。好き嫌いは分かれるんだろけど(笑) …続きを読む
    さっとる◎
    2016年08月05日
    43人がナイス!しています
  • 『一九六八年に東京の北多摩に生まれた橋本響一は、二十六歳の時に神を映像に収めることに成功した。』_冒頭の一節だけで「物語」を超える作品を描き出す作家がどれくらい存在するのだろう。有象だが、視えないと言 『一九六八年に東京の北多摩に生まれた橋本響一は、二十六歳の時に神を映像に収めることに成功した。』_冒頭の一節だけで「物語」を超える作品を描き出す作家がどれくらい存在するのだろう。有象だが、視えないと言う理由だけで無象のフリをするものがある。小説に、物語に、文章に、文字に、印字された黒いシミに、彼は鮮やかな極彩色に彩る事で無象のフリをするものを、さらには無象のものさえも視えるものへと形を浮き彫りにさせる。そこに私は、色彩の天使を視る。こんな本読んだことがない。表現できる言葉を私は知らない。 …続きを読む
    hide
    2018年08月17日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品