アンネ・フランクの記憶

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1995年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048834179

アンネ・フランクの記憶

  • 著者 小川 洋子
  • 装丁 谷口 広樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1995年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048834179


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アンネ・フランクの記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小川さんが、この時期にアンネの軌跡を辿って本にしておいて下さった事に感謝したいです。 旅の目的を尋ねられた時に、アンネの名前やアウシュヴィッツの名前を出さなかった感性、その奥ゆかしさがあっての本になっ 小川さんが、この時期にアンネの軌跡を辿って本にしておいて下さった事に感謝したいです。 旅の目的を尋ねられた時に、アンネの名前やアウシュヴィッツの名前を出さなかった感性、その奥ゆかしさがあっての本になっていました。 読み終わって表紙を眺め、読んでいる時よりも心にグサッとくるものがありました。 ドイツ軍の几帳面さが、辛い。 自らの危険を顧みずにアンネ達を匿ったミープさんには、本当に感嘆しました。 そしてミープさん達女性陣を逃し、協力者として収容所に送られた男性陣。 ミープさんの本も読んでみたくなりました。 …続きを読む
    ぶんこ
    2015年02月27日
    54人がナイス!しています
  • アンネ・フランクの言葉の続きを追うように出発した旅の手記。小川さんにとってアンネは人生の節目に出会った親友のような存在。たっての希望とは言え心身共に大変な旅であったことが随所に窺われる。生前のアンネと アンネ・フランクの言葉の続きを追うように出発した旅の手記。小川さんにとってアンネは人生の節目に出会った親友のような存在。たっての希望とは言え心身共に大変な旅であったことが随所に窺われる。生前のアンネと深い関わりを持つ方と触れ合い、溢れ出す激しい感情を焼き付けた小川さんの眼差しは冷静な言葉に変換され読者に確かに伝えてくれる。この本は遥かな時を越えたふたりの少女の友情のようです。困難があろうとそこまで駆り立てるものが果たして私にあるだろうか。またその機会があったとして行動できるだろうか、と自らに問いかける。 …続きを読む
    幸坂かゆり
    2016年11月22日
    41人がナイス!しています
  • 「アンネを語ろうとすれば、当然ナチス・ドイツや人種差別問題やホロコーストについて考えなければならないだろう。けれどわたしが本当に知りたいのは、一人の人間が死ぬ、殺される、ということについてだ。歴史や国 「アンネを語ろうとすれば、当然ナチス・ドイツや人種差別問題やホロコーストについて考えなければならないだろう。けれどわたしが本当に知りたいのは、一人の人間が死ぬ、殺される、ということについてだ。歴史や国家や民族を通してではなく、一人の人間を通して真実が見たいのだ。」作家小川洋子が、アンネの生きた軌跡を訪ねる旅に出る。アンネの成長が目に浮かび、心が痛み、虐殺の残酷さが胸にしみる。また、支援者ミープさんの毅然とした姿勢に、心打たれた。「人間として当然のことをしただけです」と繰り返す彼女を心から尊敬する。 …続きを読む
    ほりん
    2017年08月09日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品