一九五二年日航機「撃墜」事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784048726702
ニコカド祭り2020

一九五二年日航機「撃墜」事件

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784048726702

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一九五二年日航機「撃墜」事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張が月刊「文藝春秋」に「日本の黒い霧」シリーズ(本格的ノンフィクション)の連載を始めたのは1960年1月号からだった。 この作品は、それに手を加えさらに隠 松本清張が月刊「文藝春秋」に「日本の黒い霧」シリーズ(本格的ノンフィクション)の連載を始めたのは1960年1月号からだった。 この作品は、それに手を加えさらに隠された部分を暴こうと、試みた作品である。 1985年の、520名もの犠牲者を出した日航機墜落事故も興味深い。 …続きを読む
    you123
    2011年02月22日
    0人がナイス!しています
  • 1952年に実際に起きたもく星号墜落事故を、作者なりの解釈で彩った半フィクション。墜落原因の動機に無理があったり、途中で墜落事故そのものより烏丸小路さんの謎に焦点がスライドしたりと、読んでいていまひと 1952年に実際に起きたもく星号墜落事故を、作者なりの解釈で彩った半フィクション。墜落原因の動機に無理があったり、途中で墜落事故そのものより烏丸小路さんの謎に焦点がスライドしたりと、読んでいていまひとつスッキリしないお話でした。それと、事実とフィクションをこれだけ際どいラインで混ぜる行為は良いのかな、とちょっと疑問。ボイスレコーダーの会話(想像)の挿入位置とか。 …続きを読む
    へっぽこぴーすけ
    2009年12月24日
    0人がナイス!しています
  • フィクションとノンフィクションの境目が分かりにくく、本事故が現実ではどこまで事実が明らかになっているのかをちゃんと知らなければ誤解が生じそうな危うさはある。もっとも、時代が時代だけにほとんど分かってな フィクションとノンフィクションの境目が分かりにくく、本事故が現実ではどこまで事実が明らかになっているのかをちゃんと知らなければ誤解が生じそうな危うさはある。もっとも、時代が時代だけにほとんど分かってない事だらけだろうし、フィクションとして楽しめば「事故の背景にそんなこともあったのかも知れないな」と想像が広がる作品だった。 …続きを読む
    ゆう
    2018年08月02日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品