ベロニカは死ぬことにした

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年02月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047913448

ベロニカは死ぬことにした

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳者 江口 研一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年02月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047913448

残り数日の人生。ベロニカの前に姿を現す人生の秘密とは。

魅力的な容姿、愛に満ちた両親、安定した仕事、魅力的なボーイフレンド達……。ベロニカは満ち足りているはずだった。しかし何かが欠けていた。そして、ある冬の朝、睡眠薬を手に、彼女は死ぬ決意をした――。

メディアミックス情報

NEWS

「ベロニカは死ぬことにした」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「アルケミスト」「星の巡礼」が既読の私は、またスピリチュアル系のお話と勝手に想像していた。内容は「カッコーの巣の上で」と同じ設定で、似て非なるもの。今日、大阪ボラ協の早瀬氏が「依存力」の重要性を説き、 「アルケミスト」「星の巡礼」が既読の私は、またスピリチュアル系のお話と勝手に想像していた。内容は「カッコーの巣の上で」と同じ設定で、似て非なるもの。今日、大阪ボラ協の早瀬氏が「依存力」の重要性を説き、「『孤独』とは、愛することをおびえる状態」と定義された。自己を愛することにおびえる人は、孤独である。自分を抱きしめてあげない人は、他人を抱きしめることはできない。イゴール博士は、社会と繋がるために警備の報告書を後回しにする。 …続きを読む
    猪子恭治
    2010年01月18日
    51人がナイス!しています
  • ただ繰り返される日常に耐えきれず薬物の大量摂取により自殺を試みて精神病院に叩き込まれたベロニカ。病院内での様々な人々が歩んだ様々な「狂った」人生が群像劇的に描かれる。本当は生きることはもっと楽な筈だと ただ繰り返される日常に耐えきれず薬物の大量摂取により自殺を試みて精神病院に叩き込まれたベロニカ。病院内での様々な人々が歩んだ様々な「狂った」人生が群像劇的に描かれる。本当は生きることはもっと楽な筈だということ。周りの人間の目や、周りの人間の行動に萎縮して、他人と比べて自分を形の合わない鋳型に無理やり入れることから、息苦しさが始まり狂気が始まる。自分をきちんと確立させること。愛し愛される中でも縛られず息苦しさを感じず、ただ自分で在り続けること。自分の生を無意味に感じ、無味乾燥なものにしているのは自分自身だ。 …続きを読む
    テツ
    2019年03月24日
    39人がナイス!しています
  • 精神論や哲学の話なんだろうけど、人体実験やん、とその傲慢さにどん引きした。死を思うからこそより良く生きられる、には納得するけれども。 精神論や哲学の話なんだろうけど、人体実験やん、とその傲慢さにどん引きした。死を思うからこそより良く生きられる、には納得するけれども。
    うめ
    2019年08月17日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品