試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042750055

ベロニカは死ぬことにした

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳者 江口 研一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042750055

この世界で起きることに、偶然はない--。

ベロニカはすべてを手にしていた。若さと美しさ、素敵なボーイフレンドたち、堅実な仕事、そして愛情溢れる家族。しかし、彼女は幸せではなかった。何かが欠けていた。ある朝、ベロ二カは死ぬことに決め、睡眠薬を大量に飲んだ。だが目覚めるとそこは、病院の中だった--。自殺未遂の後遺症で残り数日となった人生を、患者たちと過ごすことになったベロニカ。そんな彼女の前に人生の秘密が姿を現そうとしていた--。

メディアミックス情報

NEWS

「ベロニカは死ぬことにした」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者のコエーリョはブラジルの作家だが、本書ではスロヴェニアのリュブリャーナが舞台だ。物語は、西側の資本が投入され最先端の医療水準を誇る精神病院ヴィレットの中で展開する。そこはもちろん監獄ではないものの 著者のコエーリョはブラジルの作家だが、本書ではスロヴェニアのリュブリャーナが舞台だ。物語は、西側の資本が投入され最先端の医療水準を誇る精神病院ヴィレットの中で展開する。そこはもちろん監獄ではないものの、比喩的にではなく、、文字通りの徹底した閉鎖社会であることに変わりはない。著者自身の体験にも基づくようなのだが、その中では管理が何よりも優先する。そして、それを可能にするものが鎮静剤の注射であり、ECTと称される電気ショックなのだ。病院の中も外と同じ―あるいはそうかも知れない。どこまでも暗く陰鬱な物語だった。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2013年07月16日
    210人がナイス!しています
  • 狂うことの肯定を見たような気がします。全てを手にしているはずなのに何かが欠けているベロニカ。他人から見れば幸せそうに見えてもベロニカはそうではなかった。幸せを見いだせなかったからこそ死ぬことにしたのだ 狂うことの肯定を見たような気がします。全てを手にしているはずなのに何かが欠けているベロニカ。他人から見れば幸せそうに見えてもベロニカはそうではなかった。幸せを見いだせなかったからこそ死ぬことにしたのだと思います。自殺未遂に終わったものの、精神病院で狂人と過ごすことになったことで見えてくる人生は混沌と希望の世界のように感じました。普通の人なんて誰一人としておらず、誰しも狂っているのかもしれません。生に対する想いが伝わってくるようでした。恐れることなく、狂ってもいいと言われている気分になります。 …続きを読む
    優希
    2016年05月14日
    102人がナイス!しています
  • 自殺未遂を起こし『心臓がそのうち動かなくなる』と言われた主人公は、精神病院の中で医師や患者たちと過ごながら自身と向き合っていく。「わたしたちはみんな、なんらかのかたちで、狂ってるのよ」死を目前にした主 自殺未遂を起こし『心臓がそのうち動かなくなる』と言われた主人公は、精神病院の中で医師や患者たちと過ごながら自身と向き合っていく。「わたしたちはみんな、なんらかのかたちで、狂ってるのよ」死を目前にした主人公や深い混沌を抱えた男女を通して、過剰な秩序の中で普通であろうと自身を抑圧することが返って狂気に繋がってしまう人間の危うさや、夢を見て生きる勇気を持つことの大切さを綴ったスピリチュアルな作品。自身の体験に基づいたような治療風景の描写が生々しい。後半は主人公の存在がやや希薄で、行動に唐突さを感じるのが惜しい。 …続きを読む
    のっち♬
    2020年09月05日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品