殺人の駒音

第12回 横溝正史ミステリ大賞 特別賞受賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年05月25日
判型:
B4変形判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784047832015

第12回 横溝正史ミステリ大賞 特別賞受賞

殺人の駒音

  • 著者 亜木 冬彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年05月25日
判型:
B4変形判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784047832015

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「殺人の駒音」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストーリーは抜群に面白いのに、推理小説としてのトリックがいまいちだし、登場人物が金田一とか神津とか小五郎とかでどうも集中できない。 しかも、私自身、将棋が好きなわけではないし、よくわからないので細かく ストーリーは抜群に面白いのに、推理小説としてのトリックがいまいちだし、登場人物が金田一とか神津とか小五郎とかでどうも集中できない。 しかも、私自身、将棋が好きなわけではないし、よくわからないので細かく書かれていてもそれほど興味がわかない。それが、トリックを解く鍵になっているのかと思っていたのだが、そうでもないようだ。 どうして推理小説にしたんだろ?う〜ん。 …続きを読む
    ホウフリンク
    2020年05月12日
    91人がナイス!しています
  • 第十二回横溝正史賞特別賞。「横溝正史賞には不向きだが、面白さは群を抜いている」と、審査員が絶賛していた本書。これはミステリ要素は根こそぎとっぱらって他の文学賞に応募してれば、間違いなく大賞。奨励会の年 第十二回横溝正史賞特別賞。「横溝正史賞には不向きだが、面白さは群を抜いている」と、審査員が絶賛していた本書。これはミステリ要素は根こそぎとっぱらって他の文学賞に応募してれば、間違いなく大賞。奨励会の年齢制限にひっかかり退会を余儀なくされ、真剣(賭け将棋)の世界で生きてきた男の生きざまを描いた作品。主人公の八神は、泥臭く、人間臭くあると同時に純粋で、優しくて、とても無器用。ラストの一局は、映画のワンシーンのように息を呑むほど美しかった。大賞を受賞した二作とは格が違う。素晴らしい作品。 …続きを読む
    みっぴー
    2017年11月15日
    59人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品