宗教と霊性

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1995年10月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784047032668

宗教と霊性

  • 著者 鎌田 東二
  • その他 中沢 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1995年10月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784047032668

「宗教」のあり方が根本的に問われている今日の危機的な状況に、宗教はどうこたえるのか。気鋭の宗教哲学者が、日本人の「霊性」を見つめなおし、その答えを提示する。中沢新一氏との刺激的対談を収載。

〈目次〉
序章 宗教と霊性

第一部 もう一つの日本精神史
    鯰と島国
    二つの島国と二つの森
    ユーラシア大陸東西の二つの島国
    四国と九州の霊性と身体性
    「ホト」(女陰)の名を冠する初代皇后と三輪信仰
    「ホト」の神話学
    神社の森と南方熊楠
    神仏習合と神神習合
    神と仏、対立と受容
    聖徳太子の神儒仏習合思想
    慈円と親鸞における「家」と「国家」
    吉田兼?の「元本宗源神道」
    平田篤胤と霊能力少年
    平田篤胤と折口信夫
    柳田国男の「先祖の話」と鈴木大拙の「日本的霊性」
    平田篤胤から鈴木大拙への“霊性論”
    魔と霊性
    審神者と霊学
    出口王仁三郎と浅野和三郎の「大正十年立替え説」
    芥川龍之介と福来友吉
    芥川龍之介の「河童」と心霊研究
    浅野和三郎の「心霊科学研究会」
    民俗学と霊的世界観

第二部 宗教体験と霊性
    霊学の成立──シャーマン・審神者・国家
    霊的世界と人間──生命問題と霊性の解放
    宮沢賢治の食思想とと気
    場所の力、場所の霊──der heilige Punkt
    気と霊と身体
    超能力の夢と現実
    ケルトと神道
    Open the door of perception
    視力を超えた視力
    宗教──自分探しの旅
    知覚の変容と魂の進化論

第三部 宗教・修行・情報 対談 中沢新一
    われらにとって仏教とは
    人類の歴史と宗教宣伝

第四部 道と霊性と魔
    宗教とオウム真理教
    修行と神秘体験とイニシエーションの闇──修行者の君に問う
    意識の変容と神主/審神者
    憑霊と脱魂を超えて
    道と霊性

終章 宗教学と魔と霊性──あとがきに代えて

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「宗教と霊性」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著書が雑誌等に発表した文章や対談をまとめたもの。書き下ろしではないためか、400ページ以上ある分量の割には読みやすい。論点は多岐にわたるが、神道や神話研究の系譜(平田篤胤、折口信夫)や、近代の東洋・西 著書が雑誌等に発表した文章や対談をまとめたもの。書き下ろしではないためか、400ページ以上ある分量の割には読みやすい。論点は多岐にわたるが、神道や神話研究の系譜(平田篤胤、折口信夫)や、近代の東洋・西洋における神秘学、霊性研究の同時代性についての指摘など、大正・昭和期の超能力ブームの知られざる全容を論じる第1·2部は面白い。但し、鎌田氏自身も神主的な修行をしてゐる実践者で、その体験を基点にした議論が、学者としての研究と交差するあたり、面白いがついていきにくい部分も感じた。 …続きを読む
    浅香山三郎
    2020年05月10日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品