刺繍する少女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043410040

刺繍する少女

  • 著者 小川 洋子
  • 解説 飯島 耕一
  • カバーデザイン 谷口 広樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043410040

寄生虫図鑑を前に、捨てたドレスの中に、ホスピスの一室に、もう一人の私が立っている――。記憶の奥深くにささった小さな棘から始まる、震えるほどに美しい愛の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刺繍する少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全部で10の小品からなる短編集。現実の中に収まりつつも、そこに幽かな異和を生じさせるものと、幻想の中に入り込んでいくものとが混在するが、どちらかといえば、前者が多いか。「森の奥で燃えるもの」などは後者 全部で10の小品からなる短編集。現実の中に収まりつつも、そこに幽かな異和を生じさせるものと、幻想の中に入り込んでいくものとが混在するが、どちらかといえば、前者が多いか。「森の奥で燃えるもの」などは後者の代表格だが、耳の中から取り出す「ぜんまい腺」などは奇妙なリアリティを感じさせる。また「図鑑」における「目」の不気味さも捨てがたい。島尾敏雄のシュール系列の作品を思わせる。ただ全体としては、個々の作品が短いために、本来の小川洋子ワールドの濃密さにはやや欠けるようで、幾分か物足りない感は否めないか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2012年10月06日
    129人がナイス!しています
  • 美しくて残酷さを感じました。死や狂気、奇異の雰囲気が漂います。日常の中にさり気なく織り込まれる非日常。静かで穏やかな時間から冷たい空気へ誘われるようでした。時間が流れているようでありながら止まったよう 美しくて残酷さを感じました。死や狂気、奇異の雰囲気が漂います。日常の中にさり気なく織り込まれる非日常。静かで穏やかな時間から冷たい空気へ誘われるようでした。時間が流れているようでありながら止まったようでもある不思議な感覚。必要最低限の音と世界に包み込まれているような感覚になります。 …続きを読む
    優希
    2015年11月26日
    111人がナイス!しています
  • ひっそりとしていて、すこし湿り気があって、砂糖菓子のように脆くて、ひんやりした膜が張っている。小川洋子さんの世界観はそんな感じ。すべすべして優しい色の桃を手に取って、お尻の部分を見てみたら黒ずんで腐敗 ひっそりとしていて、すこし湿り気があって、砂糖菓子のように脆くて、ひんやりした膜が張っている。小川洋子さんの世界観はそんな感じ。すべすべして優しい色の桃を手に取って、お尻の部分を見てみたら黒ずんで腐敗が始まっているように。どこまでも澄んでいて無垢な言葉の端に、黒い、真っ黒い穴が見える。美しい少女や少年の裏にある残酷さや儚さが、夢の世界に浮遊させてくれます。彼女の作品を読むのはわたしにとってのヒーリングかも。ひっそりとした空間に自分を隔離できる。作品にでてくる、色素の薄そうな女の子は永遠に私の憧れ。 …続きを読む
    らむれ
    2015年11月16日
    92人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品