アンジェリーナ 佐野元春と10の短編

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043410019

アンジェリーナ 佐野元春と10の短編

  • 著者 小川 洋子
  • 解説 江國 香織
  • 装丁 谷口 広樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043410019

時が過ぎようと、いつも聞こえ続ける歌がある――。佐野元春の代表曲にのせて、小川洋子がひとすじの思いを胸に心の震えを奏でる。物語の精霊たちの歌声が聞こえてくるような繊細で無垢で愛しい恋物語全十篇。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「アンジェリーナ 佐野元春と10の短編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 佐野元春の歌に触発されて書かれた短篇が10篇。佐野元春というのはシンガーソングライターのようだ。有名な人なのかも知れないが、私は知らない。それもあって、長い間積読状態にしていた。ただ、結果的には幸いに 佐野元春の歌に触発されて書かれた短篇が10篇。佐野元春というのはシンガーソングライターのようだ。有名な人なのかも知れないが、私は知らない。それもあって、長い間積読状態にしていた。ただ、結果的には幸いにも佐野元春と小説とはあまり関係がなさそうだった(ファンの方、ごめんなさい)。小説そのものは、小川洋子さんのスタイルそのもの。一つ一つは短いので濃密な世界は現出しえないが、なかなかにしゃれたスタイルだ。好みは分かれそうだが、篇中では「クリスタルタイム・イン・ブルー」が、もっとも小川文学の結晶を伝えるだろうか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年09月09日
    181人がナイス!しています
  • 物語は既にここにある。小説は言葉だけで成り立っている。しかしその源は言葉の存在しない場所で発生している。1枚の絵だったり、音や風景だったり。言葉も読まなければただの記号であるし、音に連続性を与えるとメ 物語は既にここにある。小説は言葉だけで成り立っている。しかしその源は言葉の存在しない場所で発生している。1枚の絵だったり、音や風景だったり。言葉も読まなければただの記号であるし、音に連続性を与えるとメロデイーとなる。瞬間から発生するイメージに時間を与えると物語となる。この本、大好きな佐野元春さんの10曲からイメージされた珠玉の短編集。僕にとって夢のコラボ。読友さんのレビューで見つけて思わず歌いだす。流石、洋子さん。元春さんの詩から想像する世界とちょっと違った物語が始まる。でもちゃんとリンクもしてます。 …続きを読む
    Vakira
    2022年03月03日
    52人がナイス!しています
  • 言うまでもないことだけど、音楽にはいろんな効用があります。なけなしの勇気を搾り出す栄養剤として、哀しみを癒すみえない手として、記憶の扉を開く鍵として……。創作者には想像力を刺激する作用をもたらすのでし 言うまでもないことだけど、音楽にはいろんな効用があります。なけなしの勇気を搾り出す栄養剤として、哀しみを癒すみえない手として、記憶の扉を開く鍵として……。創作者には想像力を刺激する作用をもたらすのでしょう。小川洋子さん×佐野元春さんの化学反応。佐野さんの音楽をモチーフに綴られた10篇の小説は、幻想的な味わいが色濃い世界。所々に挿し込まれた歌詞は、物語の誕生を待っていたようにピタリとはまります。そして既視感。僕だけかもしれないけど、二人の創作者が生んだ物語は村上春樹さんの描く世界に似ているように思えました。 …続きを読む
    Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房
    2014年07月03日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品