イコン(下)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784042537205

イコン(下)

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 訳者 篠原 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784042537205


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「イコン(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ほぼ20年振りくらいの再読。帯にあるとおり、フォーサイスの作品は、今読んでも、ホント、ハズレなし!だと思う。前作「神の拳」が湾岸戦争を舞台にしていただけに、フィクション部分に制約が生じ、少々読みづら ほぼ20年振りくらいの再読。帯にあるとおり、フォーサイスの作品は、今読んでも、ホント、ハズレなし!だと思う。前作「神の拳」が湾岸戦争を舞台にしていただけに、フィクション部分に制約が生じ、少々読みづらかった分、本作は、「ジャッカルの日」や「オデッサ・ファイル」、「悪魔の選択」を彷彿とする面白さで、特にテンポよく進む上巻が秀逸。主人公は、諜報活動に幻滅して引退したCIAのJ・モンクなんだけど、個人的には、元SIS長官であるスパイマスター、N・アーヴィン卿こそが真の主役だと思う。 …続きを読む
    ふぇねら
    2016年09月22日
    15人がナイス!しています
  • F.フォーサイスさんはやっぱり面白い。近代ロシアの苦境はそういう事なんだって解った気になる。現実の所はどうなんだろう?プーチンやメドヴェージェフは実際どんな政治家なんだろう?ニュースだけじゃよく解んな F.フォーサイスさんはやっぱり面白い。近代ロシアの苦境はそういう事なんだって解った気になる。現実の所はどうなんだろう?プーチンやメドヴェージェフは実際どんな政治家なんだろう?ニュースだけじゃよく解んないな。そのうち一度くらいはロシアに行ってみたい気もするけど、治安が悪そうだから・・・配偶者は行きたくないし、興味もないって言ってるし。オーロラ見てみたいけど。今の世にどれくらい『スパイ』『諜報員』っているんだろう?現在進行形で西側とロシアの諜報員が覇を競ってる?なんてことがあるんだろうか?? …続きを読む
    カワセミ440
    2015年04月07日
    5人がナイス!しています
  • 帯にある通りハズレなし。さすが巨匠。それぞれの思惑を持った登場人物が入り乱れるように話が進むので、群像劇のような印象でした。 帯にある通りハズレなし。さすが巨匠。それぞれの思惑を持った登場人物が入り乱れるように話が進むので、群像劇のような印象でした。
    higashi
    2014年08月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品