ネゴシエイター(上)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1991年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042537113

ネゴシエイター(上)

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 訳者 篠原 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1991年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042537113


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ネゴシエイター(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ヒギンズやチャンドラーと並ぶ作家がいるとすれば、フォーサイスが筆頭に上がると思う。本作のタイトル「ネゴシエイター」とは、交渉人のことだが、正確には犯罪交渉人のことで、犯人と警察等の間に入り、犯罪被害を ヒギンズやチャンドラーと並ぶ作家がいるとすれば、フォーサイスが筆頭に上がると思う。本作のタイトル「ネゴシエイター」とは、交渉人のことだが、正確には犯罪交渉人のことで、犯人と警察等の間に入り、犯罪被害を最小限に抑える人間のことを指す。本物語は冷静末期にあたる米ソ間のナンタケット条約が締結される折、米大統領の子息が誘拐されるという事件が起こる。しかし、その事件は単なる誘拐事件ではなく、その裏に巨大な陰謀が渦巻いていた。そしてネゴシエイターことクインが動き出す。物語の半数が自在の人物が登場するところが興味深い。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2014年04月13日
    5人がナイス!しています
  • ジャッカルから順を追って読んでいくと、主人公がどんどんタフガイになっていくのが分かる。この傾向はさらに続く。☆☆☆。 ジャッカルから順を追って読んでいくと、主人公がどんどんタフガイになっていくのが分かる。この傾向はさらに続く。☆☆☆。
    キミ兄
    2017年06月08日
    3人がナイス!しています
  • ソ連軍の元師とアメリカ石油会社のオーナーの利害が一致した。近い将来国内の石油は枯竭し中東の石油産油国の「言い値」で買う事になる。ソ連はイランに侵攻してイランの石油を我が物にする計画を。アメリカの石油会 ソ連軍の元師とアメリカ石油会社のオーナーの利害が一致した。近い将来国内の石油は枯竭し中東の石油産油国の「言い値」で買う事になる。ソ連はイランに侵攻してイランの石油を我が物にする計画を。アメリカの石油会社はサウジアラビアの王族を1人残して抹殺。残った1人を手懐けアメリカの「言いなり」の価格で石油を買う。邪魔なのはアメリカ大統領。同時期にアメリカ大統領の息子が誘拐される。主人公のネゴシエイターは金目当てのプロの犯行と判断するし、その様に進む。だが読者はソ連とアメリカの石油会社が結託した犯行だと確信して下巻へ。 …続きを読む
    コージ
    2019年10月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品