ジャッカルの日

ジャッカルの日

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1979年05月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042537014
label

ジャッカルの日

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1979年05月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042537014
暗号名ジャッカル――ブロンド、長身、ひきしまった体躯のイギリス人。プロの暗殺屋であること以外、本名も年齢も不明。警戒網を破りパリへ……標的はドゴール。計画実行日”ジャッカルの日”は刻々と迫る! 暗号名ジャッカル――ブロンド、長身、ひきしまった体躯のイギリス人。プロの暗殺屋であること以外、本名も年齢も不明。警戒網を破りパリへ……標的はドゴール。計画実行日”ジャッカルの日”は刻々と迫る!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「ジャッカルの日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 超一級のエンターテインメント小説。冒頭の数ページで忽ち小説世界に引き込まれ、最後の数ページでは思わず唸り声をあげ、そして読了の瞬間には溜め息を漏らす。たった1人でドゴールの暗殺を画策する孤独なスナイパ 超一級のエンターテインメント小説。冒頭の数ページで忽ち小説世界に引き込まれ、最後の数ページでは思わず唸り声をあげ、そして読了の瞬間には溜め息を漏らす。たった1人でドゴールの暗殺を画策する孤独なスナイパー、ジャッカル。一方、それを阻止せんとするルベル警視。互いに、狙撃者が、あるいは守る側が、およそ考えうるあらゆる手立てを尽くすサスペンスは、最初から最後まで強度の緊張が保たれる。また、細部にわたっての実に綿密な彫琢度において、きわめて高い完成度を示す。推薦。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2016年09月21日
    512人がナイス!しています
  • 面白かった!多くの小説ランキングで上位に上がる有名作品。正体不明の暗殺者ジャッカルがドゴール大統領を暗殺しようとしている。それを阻止せんと奮闘するルベル警視。相手の裏をかこうと互いに頭脳を駆使して奮闘 面白かった!多くの小説ランキングで上位に上がる有名作品。正体不明の暗殺者ジャッカルがドゴール大統領を暗殺しようとしている。それを阻止せんと奮闘するルベル警視。相手の裏をかこうと互いに頭脳を駆使して奮闘し、それぞれ困難を乗り越えていく。展開は速くはないがスリリングにして重厚。後半はルベルもジャッカルも応援したくなってくる。アルジェリア虐殺、ナチ占領からの解放、当時のフランスが乗り越えようとしていた戦後の様子も興味深い。 …続きを読む
    absinthe
    2021年07月23日
    235人がナイス!しています
  • 白昼のドゴールの暗殺計画。驚いたのは、首謀者はフランス人だったこと。それも高官達。アルジェリアを手放したことでドゴールを許せなかった者たちは本当に存在していて、ジャッカルの話以外はほとんど史実である。 白昼のドゴールの暗殺計画。驚いたのは、首謀者はフランス人だったこと。それも高官達。アルジェリアを手放したことでドゴールを許せなかった者たちは本当に存在していて、ジャッカルの話以外はほとんど史実である。作者は当時イギリス通信社のフランス駐在員だったので、この話はほとんどそのままあったことなのかもしれない。用意周到なジャッカルの完全なリードを、有能だが地味なフランスの警部が次第に追い詰めていく様子。最後の広場での何コマかは、文章が頭の中で映像に変換された。スリリングさと、地に足のついた者の堅実さの対比が秀逸。 …続きを読む
    ケイ
    2015年09月11日
    127人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品