活字三昧

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年01月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041974018

活字三昧

  • 著者 目黒 考二
  • カバーデザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年01月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041974018


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「活字三昧」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「毎月購入する本は文庫を除いて約120冊。一ヶ月に読めるのはどう頑張ってもせいぜい50~60冊なので、まず買ってきた本を選別して、机上の『すぐ読む本棚(一ヶ月本棚)』へ。次々に新刊が入ってくるから、す 「毎月購入する本は文庫を除いて約120冊。一ヶ月に読めるのはどう頑張ってもせいぜい50~60冊なので、まず買ってきた本を選別して、机上の『すぐ読む本棚(一ヶ月本棚)』へ。次々に新刊が入ってくるから、すぐ読もうと思ったけど読めなかった本は椅子の横の『四段本棚(三ヶ月本棚)』に移動。このスペースにも限りがあるので、未練の残らない本からジャンル棚あるいは作家棚に左遷されていく。」この棚の使い方はさっそく取り入れました。しかし、私が購入できるのは月5~10冊程度、そのスケールの違いは歴然!恐れ入りました。 …続きを読む
    ばりぼー
    2017年07月04日
    44人がナイス!しています
  • 最後のお父様の話には驚かされました。目黒さんの本好き本能は受け継がれたものだったんですね。本に携わる仕事をしているにもかかわらず、どうにもできないもどかしさがよくわかります。子どもは親を越えられないと 最後のお父様の話には驚かされました。目黒さんの本好き本能は受け継がれたものだったんですね。本に携わる仕事をしているにもかかわらず、どうにもできないもどかしさがよくわかります。子どもは親を越えられないという思いが、ちょっと誇らしく感じる感覚です。 …続きを読む
    やまゆ
    2017年09月29日
    11人がナイス!しています
  • 北上次郎の筆名で書評を行い、「本の雑誌」の発行人を長らく務めた目黒考二。各誌掲載原稿をまとめたものだが、執筆時の年齢が40代半ばで今の自分ぐらい。そう思って読むとまた面白い。例えば、亡父の話。蔵書整理 北上次郎の筆名で書評を行い、「本の雑誌」の発行人を長らく務めた目黒考二。各誌掲載原稿をまとめたものだが、執筆時の年齢が40代半ばで今の自分ぐらい。そう思って読むとまた面白い。例えば、亡父の話。蔵書整理や書籍で父の名を発見するくだり。あるいは、「初老小説を読みたい」という一篇。それ以外でも、しおりがわりに何かを挟むこと、読書計画、などの本周りのエッセイや、面白本の紹介、読書に関する自伝などバラエティに富んで楽しめる。椎名誠の作品論もある。長年の友人だけあって、小説、エッセイでの作風の転換点の指摘などに納得。 …続きを読む
    makoto018
    2018年07月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品