賭博師たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041973219

賭博師たち

  • 著者 黒岩 重吾
  • 著者 生島 治郎
  • 著者 大沢 在昌
  • 著者 黒岩 重吾
  • 著者 黒川 博行
  • 著者 佐藤 正午
  • 著者 清水 一行
  • 著者 樋口 修吉
  • イラスト 高橋 雅之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041973219


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「賭博師たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 博打の話は何故かゾクゾクしてしまう。人間の本能と欲が前面に出るため、忖度や気遣いに追われず、迎合も強いられずに済む。気楽さ故に会話や駆け引きを自分などでも楽しめる(普通の小説は苦手)。生島治郎による阿 博打の話は何故かゾクゾクしてしまう。人間の本能と欲が前面に出るため、忖度や気遣いに追われず、迎合も強いられずに済む。気楽さ故に会話や駆け引きを自分などでも楽しめる(普通の小説は苦手)。生島治郎による阿佐田哲也と黒鉄ヒロシとの香港ギャンブル行は、博打打ちの凄味と執念、かつ投げやりな所が実に生々しい。博打の魔力に引き込まれていく男を描く短編「きみは誤解している」は、いつ発動するか知れない人間の業が怖い。清水一行の記憶にある阿佐田哲也は、博打の神にとり憑かれ、同時に超人的な力を授かったシャーマンの如き存在である …続きを読む
    ホークス
    2017年09月30日
    19人がナイス!しています
  • 伊集院静、生島治郎、大沢在昌、黒岩重吾、 黒川博行、佐藤正午、清水一行、樋口修吉による賭博小説のアンソロジー。 人と人との駆け引き、騙し合い、心理戦。 ヒリヒリする緊張感、逆転に次ぐ逆転。 名手 伊集院静、生島治郎、大沢在昌、黒岩重吾、 黒川博行、佐藤正午、清水一行、樋口修吉による賭博小説のアンソロジー。 人と人との駆け引き、騙し合い、心理戦。 ヒリヒリする緊張感、逆転に次ぐ逆転。 名手たちの短編小説を楽しませて頂きました。 賭博や勝負事をテーマとした小説や映画、漫画にも名作がたくさんありますね。 ギャンブルは、観て、読んで楽しむのがよろしいようで。 …続きを読む
    Kazuo Ebihara
    2017年12月08日
    4人がナイス!しています
  • 読んでみたら、既読だったことに気付いた。ギャンブルに喩えて人生を語るのはよくある手法でつまらない。やはり、題名のとおり賭博師たちの活躍譚を読みたい。黒川作品は絶品。 ☆☆☆★★ 読んでみたら、既読だったことに気付いた。ギャンブルに喩えて人生を語るのはよくある手法でつまらない。やはり、題名のとおり賭博師たちの活躍譚を読みたい。黒川作品は絶品。 ☆☆☆★★
    drago
    2013年09月25日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品