ステーシー 少女ゾンビ再殺談

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年06月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
193
ISBN:
9784041847091

ステーシー 少女ゾンビ再殺談

  • 著者 大槻 ケンヂ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年06月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
193
ISBN:
9784041847091

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ステーシー 少女ゾンビ再殺談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 10代の少女が原因不明の死を遂げ、人間に害をなす「ステーシー」として生まれ変わる。彼女達を殺すには、細切れにしなければならない。異能の力を持つ、奇形児まで生まれて…好きな人を細切れにしなければいけない 10代の少女が原因不明の死を遂げ、人間に害をなす「ステーシー」として生まれ変わる。彼女達を殺すには、細切れにしなければならない。異能の力を持つ、奇形児まで生まれて…好きな人を細切れにしなければいけない。手足を、首を切り落とさなければいけない。残酷な描写が多いが、これがオーケンの世界観。しかしらあとがきによると、執筆当時はノイローゼ状態だったよう。そんな時にしか書けないものってある。 …続きを読む
    へっけ
    2020年03月23日
    12人がナイス!しています
  • なんじゃこりゃ。やっぱすげえわ。という印象。マユミを殺すところが一番やばいな、と感じた。猫に例えるとすげえエグイですね。なんつーか、頭に光景が浮かぶ。ノイローゼのやつはすげーこと書くなー。はい。 なんじゃこりゃ。やっぱすげえわ。という印象。マユミを殺すところが一番やばいな、と感じた。猫に例えるとすげえエグイですね。なんつーか、頭に光景が浮かぶ。ノイローゼのやつはすげーこと書くなー。はい。
    吉野ヶ里
    2014年11月16日
    9人がナイス!しています
  • 再読。序章の渋さんと詠子の話が好き。なんというか、昔は感じなかった嫌な気分でになって、不快感みたいな、悲しみみたいな、感受性って変化するのだね、と思った。内容自体はそこまで好きではないけれど、設定は天 再読。序章の渋さんと詠子の話が好き。なんというか、昔は感じなかった嫌な気分でになって、不快感みたいな、悲しみみたいな、感受性って変化するのだね、と思った。内容自体はそこまで好きではないけれど、設定は天才的だよね。殺す側と殺される側だけれど、殺される側はいつも幸福で、殺す側は不幸になる。殺される側は許す側で、殺す側は許されない苦しみの中で生きる。モモがしゃべりだしたところから雑が混じったな。中島らもの良い小説を読んだばっかりだから感想が厳しめかも。口述筆記で文章を書けるのってすごいよね。 …続きを読む
    吉野ヶ里
    2019年10月29日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品