大槻ケンヂのお蔵出し 帰ってきたのほほんレア・トラックス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041847084

大槻ケンヂのお蔵出し 帰ってきたのほほんレア・トラックス

  • 著者 大槻 ケンヂ
  • 解説 姫野 カオルコ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041847084

ある時は絶叫する詩人、またある時は悩める恋の相談員、またまたある時は哀愁のエッセイスト。いろーんな”大槻ケンヂ”を1冊にしてみました。まさにファン必読のコレクターズ・アイテム!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大槻ケンヂのお蔵出し 帰ってきたのほほんレア・トラックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何がお蔵出しって、この表紙に勝るモノはない。内容は下らないが、読む前から分かってるし。 何がお蔵出しって、この表紙に勝るモノはない。内容は下らないが、読む前から分かってるし。
    林 一歩
    2013年03月10日
    19人がナイス!しています
  • オーケンのエッセイは人間味が溢れてて好き。友達との雑談みたいな内容なのに時々信じられないくらい切れ味が高くて、やっぱりアーティストなんですな、と尊敬させられてしまう。羨ましい。代々木監督との対談はオー オーケンのエッセイは人間味が溢れてて好き。友達との雑談みたいな内容なのに時々信じられないくらい切れ味が高くて、やっぱりアーティストなんですな、と尊敬させられてしまう。羨ましい。代々木監督との対談はオーケンというより監督がヤバい。彼の撮った作品を何本か見てみようと思う。ビジネスとして「恋愛」が歌われてるって視点。なるほど。私もカリスマになりたいなあ、と。 …続きを読む
    吉野ヶ里
    2015年03月17日
    10人がナイス!しています
  • 学生時代によく読んだ本です。雑多な情報が多いんですが、だからこそ好きですね。 学生時代によく読んだ本です。雑多な情報が多いんですが、だからこそ好きですね。
    岩城比呂
    2015年12月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品