試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041813065

転校生

  • 著者 沢野 ひとし
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041813065


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「転校生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 網走市立図書館から借りて、1回延長の末に読了。これこそ、2013年最後の一冊。沢野ひとしは定期購読している「本の雑誌」でお馴染みのイラストレーターですが、絵も文章も、なかなか味があって好きです。巻末を 網走市立図書館から借りて、1回延長の末に読了。これこそ、2013年最後の一冊。沢野ひとしは定期購読している「本の雑誌」でお馴染みのイラストレーターですが、絵も文章も、なかなか味があって好きです。巻末を見ると「「本書は、1985年4月、株式会社本の雑誌社から刊行された単行本『太田トクヤ傳』を改題し、文庫化したものです」とのこと。そうかぁ、我が阪神タイガースが21年ぶりにリーグ優勝と日本一を果たした、あの年の刊行かぁ。などと、勝手に懐かしんでいる次第です。 …続きを読む
    nemuro
    2013年12月31日
    5人がナイス!しています
  • 筆者は椎名誠の中高校時代からの友人(仲間)。フワフワ浮いているような、始終ボーッとしているような、それでいて時々ビシッとしたセリフを吐く、何とも不思議な人。さし絵に出てくる人物のつぶやきも場違いなこと 筆者は椎名誠の中高校時代からの友人(仲間)。フワフワ浮いているような、始終ボーッとしているような、それでいて時々ビシッとしたセリフを吐く、何とも不思議な人。さし絵に出てくる人物のつぶやきも場違いなことを言ってるのに可笑しみがあり、好きです。本書での文体も普通の文章をいくつか連ねているだけ。なのにボンヤリとした味わいを感じるのは何故?。ツラツラと書いている若き日の突っ込みのない恋物語が、いかにもその時代や筆者の雰囲気を表していて、「アーッ、こんな感じだったなあ、あの頃は・・・」って思うのも歳のせいか? …続きを読む
    博多のマコちん
    2018年11月28日
    2人がナイス!しています
  • エッセイのような小説のような。投げやりな感じのする文章なのだが、どこかしらロマンチックでペーソスがある。元々イラストレータなので絵も多い エッセイのような小説のような。投げやりな感じのする文章なのだが、どこかしらロマンチックでペーソスがある。元々イラストレータなので絵も多い
    カンパネルラ
    2006年09月06日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品