試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041789209

一身上の都合により、殺人

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041789209


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一身上の都合により、殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 色んなサラリーマンたちの短編集。『消えたサラリーマン』が特に面白かった。 色んなサラリーマンたちの短編集。『消えたサラリーマン』が特に面白かった。
    coco夏ko10角
    2018年07月29日
    18人がナイス!しています
  • 読みやすい。会社員の私には思い当たるような、理不尽なストーリー。働き方、人生のどこにウェイトを置くかを最近考えているわたしには何が大切なのか、考える機会になるかな。 読みやすい。会社員の私には思い当たるような、理不尽なストーリー。働き方、人生のどこにウェイトを置くかを最近考えているわたしには何が大切なのか、考える機会になるかな。
    とんち
    2016年02月14日
    0人がナイス!しています
  • サラリーマンっていうのは腐った世界だ。年下の上司からの嫌がらせ、パワハラ、左遷・・それに伴う、家庭不和。俺は会社に勤めてもことごとく、上司や、事務員にムカついて辞めてしまうこと、数えきれない。今思い出 サラリーマンっていうのは腐った世界だ。年下の上司からの嫌がらせ、パワハラ、左遷・・それに伴う、家庭不和。俺は会社に勤めてもことごとく、上司や、事務員にムカついて辞めてしまうこと、数えきれない。今思い出しても、殺したい奴らは数えきれない。殆どは会社の上司と、陰口言いまくる事務員の女だ。殺したい、あと半年の命と告知されたら確実に殺しに行く。 …続きを読む
    2015年06月09日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品