信玄の呪縛

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041662113

信玄の呪縛

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041662113


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信玄の呪縛」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • エピローグの最後の意味がよく分からなかった。この作品が出てから20年以上経つけど甲陽軍鑑の真偽はどうなったんやろ? エピローグの最後の意味がよく分からなかった。この作品が出てから20年以上経つけど甲陽軍鑑の真偽はどうなったんやろ?
    はらぺこ
    2016年09月26日
    30人がナイス!しています
  • 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、武田信玄の墓は何処かと云う謎と大学の歴史サークルで次々と起こる殺人事件が絡む歴史ミステリー。武田信玄の墓の所在を探る点は、確かに歴史ミステリーの展開かとも思うが 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、武田信玄の墓は何処かと云う謎と大学の歴史サークルで次々と起こる殺人事件が絡む歴史ミステリー。武田信玄の墓の所在を探る点は、確かに歴史ミステリーの展開かとも思うが、本作は、純粋に歴史サークル仲間の連続殺人事件を巡るミステリー本と思われる。著者も本作な様な作品もあるかとビックリだった。ともあれ歴史の薀蓄と連続殺人事件の謎が、一気読みだった。著者の新たな魅力を楽しめた一冊でした。 …続きを読む
    TheWho
    2016年12月05日
    12人がナイス!しています
  • 井沢さんが書いたと思わない方が良いです。信玄関係ないし。信玄の墓について色々議論したり井沢さんなりの結論がでるのかと期待していたのですがこういう説があり、こう言われている、みたいなおさらい程度の内容し 井沢さんが書いたと思わない方が良いです。信玄関係ないし。信玄の墓について色々議論したり井沢さんなりの結論がでるのかと期待していたのですがこういう説があり、こう言われている、みたいなおさらい程度の内容しか触れられていませんでした。残念。。。 …続きを読む
    ちばっち
    2013年11月10日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品